« 2018年6月 | トップページ

2018年7月

2018年7月15日 (日)

★JR貨物の汎用スイッチャー★303はいまいずこ?

※本記事は、2018年6月11日に作成し、7月15日付で自動投稿しております。

 2018年3月のダイヤ改正で定期貨物列車の発着がなくなり、夜発着の臨時貨物列車のみとなった、富山県の高岡貨物駅。改正前は、本線を牽引してきたDE10が入換も行う運用でしたが、改正後は日中に駅構内に滞在する機関車が無くなるため、スイッチャーによる入換が復活しました。とは言っても、入換に使用されているのは2014年3月のダイヤ改正まで使用されていた高岡鉄道産業D352ではなく、JR貨物の入換動車、303号です。

303_1takaokaf
■2018年3月より高岡貨物駅で入換に使用されている303号。   2018年5月

303の由来は、この機関車の機械番号06-28-01-303に由来します。

303_2hokidaisen
■米子貨物駅から機能移転(新設)された伯耆大山駅の荷役線の入換に使用されていた303号。  2017年12月

この機関車、あちこちに流転していて、2017年12月頃は、鳥取県の伯耆大山駅で使用されている姿が見られました。

303_3sakaki
■JXHD社の専用側線の入換に使用されていた頃の303号。   2016年3月、坂城

2016年3月には、しなの鉄道坂城駅の油槽所の専用側線で使用されていました。

303_4sakaki
■二塚からの転属に際し再整備され、塗色も山吹色に変わった303号。背後に169系保存車も見える   2016年3月、坂城

JR貨物の動車でこれだけ短期間にあちこち動くのは最近ではちょっと珍しいかもしれませんね。

303_5futazka
■中越パルプ(二塚工場)専用側線で使用されていた頃の303号。      2011年1月、二塚

その前は、城端線二塚駅の中越パルプ専用側線で永らく使用されていました(この専用側線は2015年9月末で列車の運行は無くなっています)。

さて、高岡貨物で使用されていた303号ですが、最近になり同じ伯耆大山駅にいた305が高岡貨物にやってきて置き換えられたという情報が寄せられました。どこに行ったのやら…。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2018年7月11日 (水)

【くろがね線を読み解く】第272回 ■150mレール輸送開始後の東鷲宮工臨

※本記事は、2018年6月25日に執筆し、7月11日に自動投稿しています。

 2017年3月のダイヤ改正から、JR東日本の東北新幹線大宮-郡山間のロングレール交換プロジェクトに連動して、黒崎発東鷲宮行きの150mレール輸送が本格的に開始した。このプロジェクトに伴う150mレールの受入場所は、当面のあいだ鷲宮保守基地(大宮新幹線保線技術センター)となるので、従来Y製鐵所から鷲宮保守基地向けに納品されていたレールの輸送ルートが変わることになった。

 改正以前は、北九州市のY製鐵所内にある八幡泊地から船で東京都江東区有明にあるN物流のストックポイントに輸送され、そこから艀に乗せて越中島貨物駅のJR東日本東京レールセンター(東京資材センター)へと輸送されていた。そして越中島貨物から東鷲宮までは、JR東日本が自社の機関車・貨車を用いてレールを輸送する事業用列車(通称:東鷲宮工臨)で運んでいた。改正後は、これがそのままJR貨物による鉄道輸送に変わったわけである。長さ150mのレールを輸送できる船は2018年現在一隻しかなく、しかも米国やカナダへの輸出にフル稼働中のため、Y製鐵所から発送される国内向けの150mレールは専ら鉄道輸送となっている。

とはいえ、JR東日本のレールが100%Y製鐵所製かというとそんなことは無く、J社西日本製鉄所(福山地区)からの納品も(割合は少ないが)ある。これについては改正以降も従来通り越中島貨物から発送されているため、越中島貨物発東鷲宮行きの臨時工事列車(通称:東鷲宮工臨)は2018年現在でもまだ細々と運転されている。

Higasiwashi65pf01

東鷲宮工臨は、発送から荷卸し、返却回送までの一連に4日間を要し、

  1. 越中島貨物→大宮操
  2. 大宮操→東鷲宮、荷卸し
  3. 東鷲宮→大宮操
  4. 大宮操→越中島貨物

という連続4日間のサイクルで運行されている(復路の3と4のいずれかが日曜の場合は1日空いて後ろにずれることがある)。上写真は2018年3月10日に運転された大宮操に入線する上り列車で3に相当する。

Higasiwashi65pf02

東鷲宮工臨が大宮操に到着する場合、発送・返却ともに留置場所は着発線のあるさいたま新都心駅付近ではなく、与野駅ホームから見える場所なのが特徴。

Higasiwashi65pf03

往路・復路共に大宮操に停車し夜を明かすため、大宮操を境に牽引する機関車が変わることも珍しくない。この日の東鷲宮→大宮操は、EF65 1103が牽引。

Higasiwashi65pf04

東鷲宮工臨は、通常ロングレール輸送に使用されるチキ5500形5両(いわゆる半ロンチキ)に75mレールを積載するのが特徴で(もちろんこれとは異なる編成もあるが)、形態が特異的なことから遠くからでも見ればすぐに判別できる。東鷲宮行き単独運行のほか、大宮操で切り離す編成(通称:大宮操工臨)を併結していることもよくある。JR東日本では、自社内のレール輸送は機関車+貨車から気動車(キヤE195系)に置き換える方針のため、今回紹介した東鷲宮工臨もそう遠くない将来、数年先には気動車輸送に置き換わってしまうかもしれない。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2018年7月 8日 (日)

■東邦号2018年夏■小名浜・安中精錬所定期修理に伴う変化

※本記事は2018年6月24日に執筆し、7月8日付で自動投稿しています。

Eh5009_toho180310
■小名浜精錬所臨時修理期間中の安中行。EH500-9が牽引するのはトキのみ。   2018年3月10日、南浦和

 非鉄金属メーカーT社では、年に数回、工場生産設備の改修を実施しています。改修工事には、主に夏期に1か月~1か月半前後かけて実施される定期修理と、その他の時期の数週間以内に終わる臨時修理があります。2018年の定期修理は、小名浜精錬所が7月8日~8月6日、安中精錬所が7月19日~8月22日に予定されています。修理期間中は、原材料の受入(トキ25000形による亜鉛精鉱の輸送)や工場間の半製品の輸送(タキ1200形による亜鉛焼鉱の輸送)が停止するため、小名浜(泉)発安中行貨物列車の編成や運用にも変化が生じます。今回に関しては、小名浜と安中それぞれの修理開始日が5年前と同じですので、参考までに当時の運行状況を紹介しておきます(→こちら)。5年前は両工場とも8月上旬のうちに修理が終わっていますが、今回は安中の修理期間がお盆を跨いでいるため、タキ12両+トキ6両のフル編成が見られるようになるのはおそらく8月お盆明け頃と思われます。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2018年7月 5日 (木)

■糸魚川の保存車■キハ52 156

※本記事は2018年6月1日に作成し、7月5日付で自動投稿しております。

 JR糸魚川駅1Fにある糸魚川ジオステーション ジオパルには、かつて大糸線で使用されていたキハ52 156が静態保存され、待合室として開放されています。そして年に数回、移設保存された赤レンガ機関庫から顔を出して屋外展示されています。

Kiha52170910

大糸線でのさよなら運転時は首都圏色でしたが、松任工場で保存された後この地へ移設されるのに合わせて一般色に塗り替えられました。なお建屋への出し入れはアント車両移動機で行われますので、自走はしません。

Kiha52170910002

こちらが当該のアント車両移動機。

Kiha52170910003

その銘板。

Kiha52170910004

ご丁寧に図面まであります。ご興味のある方はぜひ現地に足を運ばれて隅々まで観察してみてください。大規模火災からの復興のため、地元商店での消費や宿泊もよろしくお願いします。

2017年9月撮影。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2018年7月 2日 (月)

【O工場の石灰石輸送】2018年4月の朝便

※本記事は、2018年6月1日に作成し7月2日付で自動投稿しております。

 2018年4月28日土曜日、糸魚川駅前に前泊して朝一のバスに乗り大沢を目指した。目的はもちろん、D社O工場の原石線の朝一番の列車を確認するためである。

Ds7_teko4180428

前の週末には牽引機関車としてDD453が使用されていた原石線だが、この日はDS-7が使用されていた。D社のホームページによると、原石線はおよそ2時間に1往復の頻度で運転されているとあるが、実際には運休や時刻変更も多く、額面通りの頻度では運転されていない。この日の朝一は7:12頃に列車が現れ、原石事務所へ向かい、15分ほどで戻ってきた。貨車のフォーメーションは原石事務所寄りから順に、テコ301+テコ302+テコ304+テコ303の4両編成で、テコ401は含まれなかった。

土日はもちろん、お盆も年末年始も休むことのない原石線だが、今まで数十回訪問して空振りが一度もなかったのは15時台の便のみで、他の時間帯の便は少なくとも1度は運転されなかったことがある。しかも15時台の便でさえ、早い時は14:25頃に来たこともあるし、遅い時は15:40頃のも経験しているので、時間には余裕をもって対応する必要がある。

なお15時台の便は逆光を気にする方もおいでかもしれないが、西側に山が迫っており9月~3月の秋冬であれば列車が来る頃には日陰になるので気にする必要はない。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

« 2018年6月 | トップページ