« 【くろがね線を読み解く】第272回 ■150mレール輸送開始後の東鷲宮工臨 | トップページ | ◆京成グループ◆花火ナイター号2018 »

2018年7月15日 (日)

★JR貨物の汎用スイッチャー★303はいまいずこ?

※本記事は、2018年6月11日に作成し、7月15日付で自動投稿しております。

 2018年3月のダイヤ改正で定期貨物列車の発着がなくなり、夜発着の臨時貨物列車のみとなった、富山県の高岡貨物駅。改正前は、本線を牽引してきたDE10が入換も行う運用でしたが、改正後は日中に駅構内に滞在する機関車が無くなるため、スイッチャーによる入換が復活しました。とは言っても、入換に使用されているのは2014年3月のダイヤ改正まで使用されていた高岡鉄道産業D352ではなく、JR貨物の入換動車、303号です。

303_1takaokaf
■2018年3月より高岡貨物駅で入換に使用されている303号。   2018年5月

303の由来は、この機関車の機械番号06-28-01-303に由来します。

303_2hokidaisen
■米子貨物駅から機能移転(新設)された伯耆大山駅の荷役線の入換に使用されていた303号。  2017年12月

この機関車、あちこちに流転していて、2017年12月頃は、鳥取県の伯耆大山駅で使用されている姿が見られました。

303_3sakaki
■JXHD社の専用側線の入換に使用されていた頃の303号。   2016年3月、坂城

2016年3月には、しなの鉄道坂城駅の油槽所の専用側線で使用されていました。

303_4sakaki
■二塚からの転属に際し再整備され、塗色も山吹色に変わった303号。背後に169系保存車も見える   2016年3月、坂城

JR貨物の動車でこれだけ短期間にあちこち動くのは最近ではちょっと珍しいかもしれませんね。

303_5futazka
■中越パルプ(二塚工場)専用側線で使用されていた頃の303号。      2011年1月、二塚

その前は、城端線二塚駅の中越パルプ専用側線で永らく使用されていました(この専用側線は2015年9月末で列車の運行は無くなっています)。

さて、高岡貨物で使用されていた303号ですが、最近になり同じ伯耆大山駅にいた305が高岡貨物にやってきて置き換えられたという情報が寄せられました。どこに行ったのやら…。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第272回 ■150mレール輸送開始後の東鷲宮工臨 | トップページ | ◆京成グループ◆花火ナイター号2018 »

▼C.協三工業のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【くろがね線を読み解く】第272回 ■150mレール輸送開始後の東鷲宮工臨 | トップページ | ◆京成グループ◆花火ナイター号2018 »