« ◆半端ない京急花電車◆相互直通50周年記念 | トップページ | ■糸魚川の保存車■キハ52 156 »

2018年7月 2日 (月)

【O工場の石灰石輸送】2018年4月の朝便

※本記事は、2018年6月1日に作成し7月2日付で自動投稿しております。

 2018年4月28日土曜日、糸魚川駅前に前泊して朝一のバスに乗り大沢を目指した。目的はもちろん、D社O工場の原石線の朝一番の列車を確認するためである。

Ds7_teko4180428

前の週末には牽引機関車としてDD453が使用されていた原石線だが、この日はDS-7が使用されていた。D社のホームページによると、原石線はおよそ2時間に1往復の頻度で運転されているとあるが、実際には運休や時刻変更も多く、額面通りの頻度では運転されていない。この日の朝一は7:12頃に列車が現れ、原石事務所へ向かい、15分ほどで戻ってきた。貨車のフォーメーションは原石事務所寄りから順に、テコ301+テコ302+テコ304+テコ303の4両編成で、テコ401は含まれなかった。

土日はもちろん、お盆も年末年始も休むことのない原石線だが、今まで数十回訪問して空振りが一度もなかったのは15時台の便のみで、他の時間帯の便は少なくとも1度は運転されなかったことがある。しかも15時台の便でさえ、早い時は14:25頃に来たこともあるし、遅い時は15:40頃のも経験しているので、時間には余裕をもって対応する必要がある。

なお15時台の便は逆光を気にする方もおいでかもしれないが、西側に山が迫っており9月~3月の秋冬であれば列車が来る頃には日陰になるので気にする必要はない。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ◆半端ない京急花電車◆相互直通50周年記念 | トップページ | ■糸魚川の保存車■キハ52 156 »

▼D.北陸重機のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆半端ない京急花電車◆相互直通50周年記念 | トップページ | ■糸魚川の保存車■キハ52 156 »