« ◆福島交通◆1000形電車甲種輸送(最終回) | トップページ | ■JR貨物倉賀野駅■HD300形29号機の試運転 »

2018年11月18日 (日)

◆上信電鉄凸凹コンビ◆クハ303+デハ251

Joshind251k303_181115
■上信電鉄14列車に充当されたクハ303+デハ251  2018年11月15日、吉井-馬庭

 先週は振休の日にちょうど天気がよさそうだったので、始発の新幹線で高崎へ向かいました。上信電鉄の電車は、デキ運転イベント時についでに撮ることが多いので、訪問した時に限って撮りたい車両が高崎駅脇の車庫で休んでいることもしばしば。この凸凹コンビの上信標準?塗装(クリーム色にグリーンライン)も、実は撮ったことがありませんでした。

どちらも自動空気ブレーキの電車ですが、右のクハ303は1969年製の200形、左のデハ251は1981年製の250形、形式はもとより新製時期が全く異なるので、車体断面の相違が異彩を放っています。台車もクハ303は国鉄標準品DT21ライクな住金FS342Tですが、デハ251は西武電車ライクな住金FS395A。

高崎市のホームページによると、JR東日本から譲渡された107系電車(700形電車として竣工予定)は2018年度中に運行開始予定ですから、6両すべて出揃えば200形は定期運用を失う可能性がありますので、引退が発表される前に上信を再訪したいところです。

それにしても、群馬側から浅間山を見ると、また違った趣がありますね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ◆福島交通◆1000形電車甲種輸送(最終回) | トップページ | ■JR貨物倉賀野駅■HD300形29号機の試運転 »

▽私鉄の希少車輌 2.関東甲信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆福島交通◆1000形電車甲種輸送(最終回) | トップページ | ■JR貨物倉賀野駅■HD300形29号機の試運転 »