« ■JR貨物倉賀野駅■HD300形29号機の試運転 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第278回 ■150mレール岸壁積込 »

2018年11月27日 (火)

【くろがね線を読み解く】第277回 ■E8501にファン搭載

 2018年10月某日にくろがね線を訪ねてみると、また小変化を発見した。

1810e850101

戸畑寄りには特に変化は見られないが、

1810e850102

E8501の八幡側にはデッキ部分にエアコンの室外機のようなファンが取り付けられた。どうせならファンごとクリーム色に塗装してほしいところだが…。目的はよく分からない。

なお旧線路後のスペースに、配管を設置するための土台が設けられているが、この土台は戸畑から宮田山の入口手前までの間にしかなく、八幡側には存在しないため、パイプラインではなさそうである。工事の看板を見る限り水道管のようである。

今回は、現地到着後1分で戸畑行きが来て、25分後に八幡行きが来た。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ■JR貨物倉賀野駅■HD300形29号機の試運転 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第278回 ■150mレール岸壁積込 »

▽くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■JR貨物倉賀野駅■HD300形29号機の試運転 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第278回 ■150mレール岸壁積込 »