« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月28日 (金)

【くろがね線を読み解く】第280回 ■小倉地区の機関車D503

 Y製鐵所小倉地区の機関車の中から、今回はD503を紹介する。

D503_2

D503は、1975年9月日立製作所製の2軸ボギーの機関車で、鉄鋼メーカーS社小倉製鉄所へ新製配置されたものである。先日紹介したD308同様のセンターキャブ式だが、エンジンはボンネット片側に1基のみ搭載し、反対側にラジエターを備える。キャブの外形が丸屋根から台形屋根に変わって間もない頃のモデルである。

D503_1

2018年10月現在、戸畑地区や八幡地区の機関車同様、オレンジ色、クリーム色、青色、黄色の4色に塗り分けられている。ボンネットを側面からみると、ラジエーターが車端部に寄っており、同じ日立製45トン1エンジン機であるD506とは形態が異なっている。これは、ラジエーターのファンを回転するための動力をエンジンから伝達する方式が異なっているためである。D503はエンジンの回転軸とファンの回転軸の向きが平行で、継手・Vベルトによって動力伝達する都合上、ファンがラジエーターのエンジン寄り(キャブ寄り)に、放熱器素(フィン)部分が車端寄りに配置されている。これに対してD506は油圧駆動(オイルモーター)であるため、ラジエーターは設置位置を問わない。ファンの回転軸は台枠に対して垂直で、DE10形ディーゼル機関車などと同様にボンネット天井部に放熱のための円形の開口部がある。

日立の産業用DLのラジエーターへの動力伝達方式は、1960年代にはオイルモーター式が標準であったが、これはそれまでの継手・Vベルト式(機械式)の場合、エンジン回転中に常時ファンが回転し続ける仕様であり、冷却温度の制御がし難くエネルギー損失も大きいので、それを改善するための工夫でもあった。しかし1970年代後半頃からは、技術的にいわば先祖返りする形で再び機械式に設計変更されたタイプも登場している。小倉の場合、D506が前者、D503が後者のタイプである。

D503_oldcolor

2015年12月の姿がこちら。この頃はまだ台枠に手すりが設けられておらず、ボディも住友金属物流塗装であった。竣工時の諸元は以下のとおりである。

  • エンジン : DMF31SB(500PS/1500RPM)
  • 液体変速機: ニイガタCBF138
  • 製造年  : 1975年
  • 製造者  : 日立製作所
  • 製造番号 : 2062701

液体変速機のCBF138は、DMF31系エンジンと組み合わせて使用されるDB138系の仲間。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2018年12月23日 (日)

◆ドイツ鉄道◆BR101牽引のインターシティ

Dbic_br185127_1204301

 先日のEF81+マヤ50 5001の列車を見て、やはり連想してしまうのが、こちら。ドイツ鉄道のインターシティ(急行列車)です。亜幹線向けのため9両編成と短いですが、写真に撮るには丁度良い長さです。牽引するのはインターシティと言えばおなじみの101形。103形、120形の後継機で、最高速度200km/hの列車はほぼこの機関車が主力ですね。

Dbic_br185127_1204302

同じ区間の逆向きの列車。2枚とも2012年4月30日、オスナブリュック近郊にて撮影。

Ef8197_maya5002

ドイツはもとよりヨーロッパはもう6年行っていないので、そろそろ行きたいですね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2018年12月20日 (木)

■JR東日本マヤ50 5001■EF81 97牽引で常磐線を回送

Ef8197_maya5001

 2018年12月8日土曜日は、柏にコートを買いに行く用事があったのですが、検測車マヤ50 5001が常磐線を走行するというので、ついでに撮ってきました。マヤ50 5001は通常、E491系(East-iE)などに連結されて走行することが多いので(→こちらこちらなどが好例)、少し珍しく感じられます。

Ef8197_maya5002

通常は表に出ることのない妻面をじっくり観察できるのも見どころの一つですね。貫通扉のシャッターはヨーロッパの客車を想起させます。カラーリングはドイツ鉄道のインターシティ・ICE塗装そのままですしね(笑) 国鉄色(ローズピンク)のEF81 97に牽引され、秋田方面から上越線・高崎線経由で田端(信)を経由し、常磐線・武蔵野線を通り仙台方面へ去っていきました。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2018年12月19日 (水)

◆新京成電鉄8800形電車◆ドラゴンボール的ななにか

Dragonball

 新京成電鉄が年末年始の利用者をターゲットに販売しているフリー切符「乗りトク!年末年始おでかけきっぷ」を購入したので、まず1日分消化してきました。3日間飛び石で使えて¥1,000-とお得な切符です。もともと運賃の安い新京成ですが、3回往復すればそれなりに出費がかさみますから、ありがたいことです。あとは、元旦から2週間だけ走るいつもの新年干支ヘッドマーク付きの列車を撮れれば、まずは及第点ですね。

数本撮ったあとにやってきたのは、アニメのラッピング編成。「ドラゴンボール」は、悟空が覚醒してスーパーサイヤ人となりフリーザを倒してナメック星が消滅したあたりまでしか見ていないので、最近の展開や新キャラはさっぱり分かりませんが、まあ息の長い作品ですね。数年前に流行った「黒子のバスケ」などにも象徴されるように、多方面に影響を与えた漫画であることは間違いないでしょう(イグナイトパス 廻→カメハメ派、ゾーン→スーパーサイヤ人)。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2018年12月18日 (火)

【くろがね線を読み解く】第279回 ■小倉地区の機関車D308

 Y製鐵所小倉地区の機関車の中から、今回はD308を紹介する。

D308skk_170619

D308は、1975年10月に日立製作所によって製作された2軸ボギーの機関車で、前後ボンネット内にエンジンを各1基搭載する。以前紹介したD306と同時製作の機関車で、製造番号は2061803。性能的なことはリンク先のD306の記事を参照のこと。

特徴的なのは、上の写真を撮影した2017年6月時点で、まだエスケイケイ物流時代の塗装のままであることだ。エスケイケイ物流は、住友金属小倉の構内・構外物流を担当していた会社で、2001年10月に住金物流、鹿島運輸などと合併して住友金属物流が誕生した(2018年現在、日鐵物流と住友金属物流が合併して日鉄住金物流になり、小倉地区の担当子会社は日鉄住金物流八幡になっている)。

汚れているが、本来は明るいクリーム色に紫色の綺麗なデザインであった。ボンネット側面の「無線車」のロゴも懐かしい。近年Y製鐵所と同じような塗装に変更された機関車が増えている小倉地区だが、このエスケイケイ物流塗装も1両くらいは残ってほしいものである。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2018年12月12日 (水)

■武蔵野線全線開業40周年記念■快速メルヘン立川@市川大野留置

Medchens16719890204
■武蔵野線市川大野駅の中線で待機する快速メルヘン用167系電車   1989年2月4日、市川大野

 今年2018年は、1978年に武蔵野線新松戸-西船橋間の延伸区間(通称小金線)が開業してからちょうど40年にあたります。去年フィルムからスキャンした写真の中に、小金線区間のものがあったので紹介します。

 計画当初は貨物線だった武蔵野線ですが、小金線は京葉線の開業延期により旅客専用として開業しました。市川大野駅の中線は、計画段階では貨物列車の待避用であったので、京葉線開業後も直通運転を始めるまではほとんど使用されることはありませんでした。転機が訪れたのは1988年12月の京葉線新木場延伸。この時のダイヤ改正から、武蔵野線はほとんどの列車が京葉線に直通することになりました。また舞浜駅の開業により、東京ディズニーランドへのアクセス路線として多くの臨時列車が運行されるようになります。

写真の快速メルヘンは、立川と大宮から舞浜へ直行する臨時列車で、特別塗装を施された167系アコモ改造車が充当されていました。舞浜まで乗客を運んだ後は、新木場へ回送して折り返し、整備のため新習志野(京葉電車区)へ回送していたと記憶していますが、編成の向きの関係なのか、一旦武蔵野線の市川大野の中線まで来てスイッチバックしていたようです。上は夕方の写真ですから、京葉電車区を出て新木場へ回送する途中と思われます。

武蔵野線は当時6両編成しか走っていませんでしたが、停止位置がメルヘンとは合わないので、駅に進入してくる上り列車が並んだ瞬間にシャッターを切りました。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2018年12月10日 (月)

◆TX守谷車両基地の入換機◆ANT50DRT

Txmoriya01

2018年11月3日、首都圏新都市鉄道常磐新線の車両の保守を行っている、守谷車両基地を訪ねました。年に一回開催される一般公開の日です。

Txmoriya02

当初の狙いは、都営地下鉄馬込車両基地にあるのと同タイプのスタイリッシュな電気検測車だったのですが、今年から基地内線路拡張工事のため保守用車の展示が(スペースの関係で)無くなったため、入換用のアント車両移動機しか見られませんでした。(→電気検測車の写真は、こちらのブログなどで見ることができるようです)

Txmoriya03

ANT50DRTという機種のようです。ゴムタイヤを備えた軌陸両用で、レールを離れて枕木方向に移動することもできます。赤・黄・青のライトと八木アンテナが付いている事から分かるとおり、無線を使用したリモコンによる遠隔制御に対応しています。

Txmoriya04

工場内には、分解整備中の車両を横方向に移動するトラバーサ(遷車台)もありました。

Txmoriya05

甲種輸送と救援時にしか見られない、先頭車同士の連結部。TXの電車の編成端が密着連結器ではなく自動連結器になっている理由は諸説ありますが、車両整備工場の方に訊いた限りでは、非常時しか使用しない連結器なので、極力構造を簡素にする狙いがあるとのこと。TXをはじめ長い地下区間のある鉄道路線を走行する電車は、立ち往生した電車を後続の電車で押し出せる性能が求められます。しかし、TXの電車はすべて電気指令式空気ブレーキですので、非常時にも確実に機能するであろう貫通ブレーキ(BP管)だけ引き通せればよいので、わざわざ密着連結器(通常はBP・SAP・MRPの配管を内蔵している)にする必要もないのかもしれません。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2018年12月 3日 (月)

◆しなの鉄道115系電車◆台鉄自強号色が登場

 開業以来主力として活躍してきた115系電車のリプレイスを発表するとともに、その国鉄信越本線時代の歴代旧塗装を再現してきた、しなの鉄道。2018年10月現在、第一弾の「初代信州色」、第二弾の「湘南色」、第三弾の「横須賀色」、第四弾の「コカ・コーラ広告塗装」まで登場しています。しかし今回11月に登場したのは、懐かしのカラーではなく、その名も「台鉄自強号色」です。これは、2018年3月26日にしなの鉄道が台湾鉄路管理局と締結した「友好協定」による交流事業の一環で、115系電車3両編成1本を台鉄EMU100形電車をイメージした塗装に変更するという試みです。

160502emu3001

台湾では専ら貨物列車か専用線のスイッチャーばかり撮っているため、EMU100形のように運用を事前に調べて狙わないと撮れない電車は未撮影。ですので今回は、色形が似ているということでEMU300形電車に登場してもらいます(笑) 上写真右の黄色くて丸っこい電車ですね。

160502emu3002

当時は手前に止まっていた貨車が目当てでしたが、いま振り返ってみてみると、動力分散型のEMUタイプの自強号が写っているのはこの写真だけでした(太魯閣号、普悠瑪号を除く)。

160502emu3003

貨車は成功(Chenggong)発七堵(Qidu)行きで、レール輸送の長物車を含みます。成功発の貨物列車は、追分(Zhuifen)駅へ直結するデルタ線をダイレクトにショートカットして海線に入るのかと思いきや、一旦彰化(Changhua)駅に寄ってスイッチバックして海線に入るのですね。撮影は2016年5月2日に彰化駅にて。

181124_115s902

EMU300形と同じ全面3枚窓の貫通扉付ですから、イメージに合っていますね。

181124_115s901

まだ辛うじて残っている紅葉との相性も抜群です。2枚とも2018年11月24日撮影。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2018年12月 2日 (日)

■海外譲渡配給■武蔵野線用205系インドネシアへ

 JR東日本所属の205系電車のうち、VVVFインバータ制御に改造された武蔵野線用の車両はインドネシアへの譲渡が決まっており、新潟の総合車両製作所新津事業所で現地向けの改造工事を行うため、不定期で送り込みのための配給列車が運転されています。

181130_musashino205m12haikyu1031
■EF64 1031牽引の205系ケヨM12編成配給列車     2018年11月30日、高崎線 岡部-本庄

 2018年11月30日は勤務先の創立記念日のため仕事はお休み。天気も良かったので、高崎線沿線へ向かいました。自宅を出発するのが遅れましたが、当の配給列車も牽引機関車EF64形1031号機に発生したトラブルのため、京葉車両センター最寄りの新習志野駅発車が1時間半遅れたため、無事間に合いました。岡部-本庄間の通過は1時間40分ほど遅れたため、定時運転の時とは異なり機関車前面に陽がまわり良い塩梅。怪我の功名とはまさにこのこと。

181130_musashino205m12haikyu205

妻面の行先表示器には、インドネシアの首都「ジャカルタ」の名称が記載されていました。元山手線用の小窓車(客用乗降扉の窓が小さい)タイプですので205系の中でも初期のものですが、制御装置はVVVFインバータ化されており新しいので、ステンレス車体の丈夫さを考えればまだまだ活躍できることでしょう。ベトナム・タイ・インドネシアは近年目覚ましい経済発展を遂げていますので、中古車両でも性能が良ければ歓迎されることでしょう。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »