« ◆TX守谷車両基地の入換機◆ANT50DRT | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第279回 ■小倉地区の機関車D308 »

2018年12月12日 (水)

■武蔵野線全線開業40周年記念■快速メルヘン立川@市川大野留置

Medchens16719890204
■武蔵野線市川大野駅の中線で待機する快速メルヘン用167系電車   1989年2月4日、市川大野

 今年2018年は、1978年に武蔵野線新松戸-西船橋間の延伸区間(通称小金線)が開業してからちょうど40年にあたります。去年フィルムからスキャンした写真の中に、小金線区間のものがあったので紹介します。

 計画当初は貨物線だった武蔵野線ですが、小金線は京葉線の開業延期により旅客専用として開業しました。市川大野駅の中線は、計画段階では貨物列車の待避用であったので、京葉線開業後も直通運転を始めるまではほとんど使用されることはありませんでした。転機が訪れたのは1988年12月の京葉線新木場延伸。この時のダイヤ改正から、武蔵野線はほとんどの列車が京葉線に直通することになりました。また舞浜駅の開業により、東京ディズニーランドへのアクセス路線として多くの臨時列車が運行されるようになります。

写真の快速メルヘンは、立川と大宮から舞浜へ直行する臨時列車で、特別塗装を施された167系アコモ改造車が充当されていました。舞浜まで乗客を運んだ後は、新木場へ回送して折り返し、整備のため新習志野(京葉電車区)へ回送していたと記憶していますが、編成の向きの関係なのか、一旦武蔵野線の市川大野の中線まで来てスイッチバックしていたようです。上は夕方の写真ですから、京葉電車区を出て新木場へ回送する途中と思われます。

武蔵野線は当時6両編成しか走っていませんでしたが、停止位置がメルヘンとは合わないので、駅に進入してくる上り列車が並んだ瞬間にシャッターを切りました。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ◆TX守谷車両基地の入換機◆ANT50DRT | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第279回 ■小倉地区の機関車D308 »

▽JRの珍車・名車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆TX守谷車両基地の入換機◆ANT50DRT | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第279回 ■小倉地区の機関車D308 »