« 【くろがね線を読み解く】第278回 ■150mレール岸壁積込 | トップページ | ◆しなの鉄道115系電車◆台鉄自強号色が登場 »

2018年12月 2日 (日)

■海外譲渡配給■武蔵野線用205系インドネシアへ

 JR東日本所属の205系電車のうち、VVVFインバータ制御に改造された武蔵野線用の車両はインドネシアへの譲渡が決まっており、新潟の総合車両製作所新津事業所で現地向けの改造工事を行うため、不定期で送り込みのための配給列車が運転されています。

181130_musashino205m12haikyu1031
■EF64 1031牽引の205系ケヨM12編成配給列車     2018年11月30日、高崎線 岡部-本庄

 2018年11月30日は勤務先の創立記念日のため仕事はお休み。天気も良かったので、高崎線沿線へ向かいました。自宅を出発するのが遅れましたが、当の配給列車も牽引機関車EF64形1031号機に発生したトラブルのため、京葉車両センター最寄りの新習志野駅発車が1時間半遅れたため、無事間に合いました。岡部-本庄間の通過は1時間40分ほど遅れたため、定時運転の時とは異なり機関車前面に陽がまわり良い塩梅。怪我の功名とはまさにこのこと。

181130_musashino205m12haikyu205

妻面の行先表示器には、インドネシアの首都「ジャカルタ」の名称が記載されていました。元山手線用の小窓車(客用乗降扉の窓が小さい)タイプですので205系の中でも初期のものですが、制御装置はVVVFインバータ化されており新しいので、ステンレス車体の丈夫さを考えればまだまだ活躍できることでしょう。ベトナム・タイ・インドネシアは近年目覚ましい経済発展を遂げていますので、中古車両でも性能が良ければ歓迎されることでしょう。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第278回 ■150mレール岸壁積込 | トップページ | ◆しなの鉄道115系電車◆台鉄自強号色が登場 »

▽JRの珍車・名車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【くろがね線を読み解く】第278回 ■150mレール岸壁積込 | トップページ | ◆しなの鉄道115系電車◆台鉄自強号色が登場 »