« ◆しなの鉄道115系電車◆台鉄自強号色が登場 | トップページ | ■武蔵野線全線開業40周年記念■快速メルヘン立川@市川大野留置 »

2018年12月10日 (月)

◆TX守谷車両基地の入換機◆ANT50DRT

Txmoriya01

2018年11月3日、首都圏新都市鉄道常磐新線の車両の保守を行っている、守谷車両基地を訪ねました。年に一回開催される一般公開の日です。

Txmoriya02

当初の狙いは、都営地下鉄馬込車両基地にあるのと同タイプのスタイリッシュな電気検測車だったのですが、今年から基地内線路拡張工事のため保守用車の展示が(スペースの関係で)無くなったため、入換用のアント車両移動機しか見られませんでした。(→電気検測車の写真は、こちらのブログなどで見ることができるようです)

Txmoriya03

ANT50DRTという機種のようです。ゴムタイヤを備えた軌陸両用で、レールを離れて枕木方向に移動することもできます。赤・黄・青のライトと八木アンテナが付いている事から分かるとおり、無線を使用したリモコンによる遠隔制御に対応しています。

Txmoriya04

工場内には、分解整備中の車両を横方向に移動するトラバーサ(遷車台)もありました。

Txmoriya05

甲種輸送と救援時にしか見られない、先頭車同士の連結部。TXの電車の編成端が密着連結器ではなく自動連結器になっている理由は諸説ありますが、車両整備工場の方に訊いた限りでは、非常時しか使用しない連結器なので、極力構造を簡素にする狙いがあるとのこと。TXをはじめ長い地下区間のある鉄道路線を走行する電車は、立ち往生した電車を後続の電車で押し出せる性能が求められます。しかし、TXの電車はすべて電気指令式空気ブレーキですので、非常時にも確実に機能するであろう貫通ブレーキ(BP管)だけ引き通せればよいので、わざわざ密着連結器(通常はBP・SAP・MRPの配管を内蔵している)にする必要もないのかもしれません。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ◆しなの鉄道115系電車◆台鉄自強号色が登場 | トップページ | ■武蔵野線全線開業40周年記念■快速メルヘン立川@市川大野留置 »

▽私鉄の希少車輌 2.関東甲信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆しなの鉄道115系電車◆台鉄自強号色が登場 | トップページ | ■武蔵野線全線開業40周年記念■快速メルヘン立川@市川大野留置 »