« ■JR貨物EF65PF■広島更新色2127号機 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第283回 ■8090列車と8087列車 »

2019年1月27日 (日)

【くろがね線を読み解く】第282回 ■4番扉前からの遠望

 運河の対岸から僅かに見えるY製鐵所小倉地区であるが、接岸している船舶がおらず、対岸に障害物が置かれていない場合に限り、編成を正面寄りから撮れる場所がある。知る人ぞ知る、4番扉の前である。

D506bousen01

私が見に行った日は、D506がビレット積載貨車1両を推進して、横持用ストックヤードへやってきた。

D506bousen02

長編成だと、最後尾の機関車が見える前に先頭の貨車が柱の陰に隠れてしまうため、貨車1両でないと収まらない。

D506bousen03

貨車を切り離し、単機で戻るD506。

D506bousen04

普段の場所へ追いかけて移動して見ると、このようなアングルとなる。日立製機関車D506とD503の違いについては、以前紹介したが、同じアングルで比較されたい。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ■JR貨物EF65PF■広島更新色2127号機 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第283回 ■8090列車と8087列車 »

▽くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

▼B.日立のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■JR貨物EF65PF■広島更新色2127号機 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第283回 ■8090列車と8087列車 »