« 【くろがね線を読み解く】第282回 ■4番扉前からの遠望 | トップページ | ■常磐・総武線のEF65形貨物列車■2日連続の国鉄色PF続行運転 »

2019年2月 1日 (金)

【くろがね線を読み解く】第283回 ■8090列車と8087列車

 黒崎発の150mレール輸送列車170レ(北九州タより8090レに継送)は、行先が越中島貨物の場合、相模貨物から当日の8087レに継送されて新小岩まで運行される。これらの列車は、2016年3月のダイヤ改正で登場して以降、何度かブログ記事にも登場しているが、今回は未発表の写真を何点か紹介する。

 

150m_ef6626_160904
■8090レは、西浜松行に代表される21両編成が最長。EF66 26牽引。    2016年9月4日、岩国-広島タ

 8090レの運行開始当初は、吹田機関区のEF66形やEF200形電気機関車が割り当てられることも多かった。

 

150m_ef66124_160605_0040
■相模貨物発新小岩信行8087レは、8090レの牽引機が新鶴見まで担当することが多い。  2016年6月5日、相模貨物-大船

必ずというわけではないが、越中島貨物行は関東に日曜日にやってくることが多かったので、午後に時間があるときは平塚や小田原方面に出向く機会もあった。

150m_ef2002_160710_0036
■EF200-2牽引の8090レ。EF200の充当は、もはや過去帳入りしつつある。     2016年7月10日、熱海-小田原

8090レは山陽・東海道本線の試運転をEF200が担当したこともあり、やはり運行開始当初に頻繁に見られたEF200形との組み合わせがしっくりくる。

150m_ef6633_161120_3245r
■EF66 33牽引の8090レ。                    2016年11月20日、熱海-小田原

機会は少ないものの、EF66形0番台が充当されることもあった。

150m_ef6633_2_161120_3324
■EF66 33牽引の相模貨物発新小岩信行8087レ。             2016年11月20日、熱海-小田原

最近EF66形0番台牽引シーンを見ていないが、もうなくなってしまったのだろうか。

150m_ef66121_170212_3115
■EF66 121牽引の8090レ。富士山バックは冬場の快晴の日が美しい    2017年2月12日、三島-熱海

最近は、EF66形100番台が充当されることが多い気がする。

150m_ef66121a_170212_3135
■EF66 121牽引の8087レ。                    2017年2月12日、大船-横浜羽沢

昨年2018年は、中国地方の豪雨により山陽本線が長期間不通になっていたため、8090レの運行回数も前年比較で激減している。毎年1月~3月ダイヤ改正までの間は運行回数の減る8090レであるが、夏の輸送不足分を補うような動きを見せるのか、興味深い。

150m_ef652088_190120
■EF65 2088牽引の8087レ。                  2019年1月20日、新座タ-越谷タ

2016年3月ダイヤ改正で運行開始した、相模貨物発新小岩信行8087レは、当初は新鶴見から先は新鶴見機関区のEF210形電気機関車が牽引していたが、2017年3月ダイヤ改正以降は新鶴見機関区のEF65形が充当されることが多い。先日、EF65PFに代わって以降初めて撮る機会があった。今後国鉄色が増えてくれば、再チャレンジしてみたい。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第282回 ■4番扉前からの遠望 | トップページ | ■常磐・総武線のEF65形貨物列車■2日連続の国鉄色PF続行運転 »

▽くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

▽JRの珍車・名車」カテゴリの記事

■150mレール輸送」カテゴリの記事

コメント

18両編成がが今日、黒崎を発車した模様
二週連続で長編成です
補機は最近EF67がつづいていま

投稿: 宮島あなご | 2019年2月17日 (日) 21:38

宮島あなごさんはじめまして
昨日も18両という長い編成で発車しましたね。
行先は不明ですが、うち9両が西浜松行ということは確認済みです。
残り9両の行先が気になるところです。

投稿: 社長 | 2019年2月18日 (月) 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【くろがね線を読み解く】第282回 ■4番扉前からの遠望 | トップページ | ■常磐・総武線のEF65形貨物列車■2日連続の国鉄色PF続行運転 »