« 【くろがね線を読み解く】第286回 ■八幡地区の横持レール貨車 | トップページ | 【ドイツの貨物列車】189形電気機関車重連の鉄鉱石輸送5000t列車(Erzbomber) »

2019年3月31日 (日)

■JR九州大村線■春の訪れ

190330_seasideliner_sakura

週末の土曜日は長崎を訪ねました。路面電車の長崎電気軌道が保有する動態保存車両150形151号、700形701号、1050形1051号の3両が、維持困難のため今年度末で引退するのを記念して、続行運転のパレードがあるというので撮りに行きました。その様子は別途紹介しますが、今回は長崎市内から長崎空港へ向かう途中で見つけた、さくら撮影スポットを紹介します。

長崎空港は、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、長崎市内には無く、長崎と佐世保の中間付近に位置する大村市にあります。中心の大村駅は、長崎と佐世保を大村線経由で連絡している快速シーサイドライナーの停車駅でもあります。ひねくれ者の私は、空港リムジンバスで直行するのが面白くないので、長崎駅から快速シーサイドライナーで大村駅下車、空港へ向かう途中で撮影を楽しむことにしました。大村駅から空港へは毎時2本の路線バスで所要約10分ですので、アクセスは問題ありません。

諫早から大村まで前面展望していると、お立ち台のような神社の境内がみつかり、背後の山に桜が咲いていることが分かりましたので、ガラガラと大きい鞄を転がしながら、目的地へ。草刈りがしっかりなされているので、良い絵になりました。キャパも横並びで20人分くらいありそうです。この神社の下の交差点付近にバス停があります。今回の長崎訪問は、2001年5月以来ですから18年ぶりですが、次回訪ねるときは帰りにここで撮影するのをデフォルトにしても面白いかもしれません。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第286回 ■八幡地区の横持レール貨車 | トップページ | 【ドイツの貨物列車】189形電気機関車重連の鉄鉱石輸送5000t列車(Erzbomber) »

▽JRの珍車・名車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【くろがね線を読み解く】第286回 ■八幡地区の横持レール貨車 | トップページ | 【ドイツの貨物列車】189形電気機関車重連の鉄鉱石輸送5000t列車(Erzbomber) »