« 2019年4月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月30日 (日)

【くろがね線を読み解く】第287回 ■ブログ10周年記念ー戸畑第一操車場の手旗誘導入換ー

 2019年6月26日、小ブログを開設してからちょうど10周年を迎えた。当初はくろがね線情報の発信をメインに、自分の知見を整理する練習のために始めたブログであったが、対象は徐々に広がり、他の専用線や貨物列車、私鉄や電車にも及びながら10年が経過した。記事を書くようになったのは後になるが、元々くろがね線以外の鉄道趣味分野に興味がなかったわけではなく、むしろ私が小学生の頃から最も得意としてきた分野は、国鉄モハ90系以降の新性能電車、20系・12系以降の客車と貨車である。くろがね線をはじめとする専用鉄道・専用線は、旅行や帰省、貨物駅見物のついでに見てきた程度で、自宅から100km圏外まで本格的に興味を持ち出したのは、実は社会人になってからである。入社から6年間は物流関連システムの運用・設計開発を担当し、新人の宿命というか、最初の3年ほどは月あたり2回ほどCE(カスタマエンジニア)的に日本全国ドサ廻りもしていた。鉄道事業者にとっては荷主企業でもあったので、訪問先に専用線があることもしばしばだ。自社のものは既に廃止されていても、近くに他社の現役線が有ったりする。当時ホームページや携帯電話は既に普及していたが、スマホやSNSはまだない。となるとここから先は想像にお任せするが、色々な意味で牧歌的な時代であった。

 この10年間、ブログで情報発信・情報交換することのメリット・デメリットを何度か意識する局面はあった。それでも続けてきたのは、ある確信があるからだ。昨今、鉄道趣味者がトラブルを起こすと、ネットで情報が出回っていることや、デジカメの普及など、すぐに道具のせいにする者がいるが、私はそうは思わない。今では考えられないだろうが、1990年代半ば頃までは鉄道用地内に立ち入って撮影するマニアは普通に居たし(上越線渋川-敷島の上下線間などは2008年のEF55さよならの頃まで黙認され雑誌にも写真が良く載っていた)、地方私鉄など現地訪問時に事務所を訪ねて車両工場の見学が許可されることも珍しくなかった。そうでない世の中にしたのは、道具ではなく、使い方である。さりとて、すべての責任を情報の受け手に負わせるのはいかがなものかと思うので、小ブログでは意図的に事実をやや改ざんして記事にしたりしている。ありのままを期待されている方には申し訳ないが、過去10年間の記事にはかなりそういった「小細工」があるが、そうしなければならない理由は前述の通りなので、今後もご理解いただけると嬉しく思う。

 さて、10周年記念に何か珍しいものをとも思ったのだが、くろがね線関係の写真が元々そういう性質のものなので、特にこれはというものが見つからなかった。

10yearscelebration20160922

くろがね線の戸畑第一操車場での撮影が今のところ黙認されているのは、高さ2mほどのフェンスで部外者の侵入を阻み、安全運行を担保しているためであろう。この結果、撮影者はそれなりの熱意と根性、そして身体能力を試されることになる。この場所で撮影された写真をネットで探しても意外に出てこないのは、そのためであろう。しかし根気強く通っていれば、面白いシーンが見られることもある。2016年9月22日は場内の除草作業が実施されており、作業者の安全を確保するため、地上からの手旗合図が見られた。くろがね線の電気機関車にはITVカメラが付いており、運転士は入換中に進行方向が変わる際も逆エンドの運転台に移動することはなくバック運転で貨車を連結する。だから基本的に入換の誘導というものは存在しない。日本全国どこを訪ねてもワンマン運転が当たり前の製鉄所構内の入換で旗を振るシーンが見られるのは、なかなか珍しいのではないだろうか。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (2)

2019年6月16日 (日)

◆京急電鉄◆800形電車さよなら運転

S8008231_lastrun
■京急800形さよなら団体臨時列車  2019年6月16日、品川-久里工信号所

 2019年6月16日日曜日、京急電鉄800形電車のさよなら運転が、品川-久里工信号所間で実施されました。充当された800形最後の1本は823編成で、先頭車前位側妻面には、沿線の鉄道マニアが名づけた愛称「ダルマ」をイメージしたデザインの記念ヘッドーマーク風ステッカーが貼付されました。今回の引退は、京急本線のホームドア導入に伴い乗降扉の位置が合わなくなることによる運用離脱で、読売新聞の「話の港」によれば、今後は予備車として暫く車庫で待機する日が続きそうです。

●私の見た800形

 京急電車の撮影は大抵、神奈川臨海鉄道やJR貨物川崎車両所の入換を撮りに行ったついでにというのがほとんどで、景色の綺麗なところで撮影した写真は皆無です。無機質な編成写真ばかりになりますが、私の見た800形を振り返ります。

80120100424
■801・802編成     2010年4月24日、金沢文庫-金沢八景

まずはトップナンバーに登場してもらいましょう。801・802編成です。800形は登場時3両固定編成で、801~810の10本は3+3の6両編成を組んで運転されていました。中間に挟まれる3号車と4号車の運転台はのちに撤去され客室化されますが、中間車にもかかわらず分散配置された冷房装置が元 先頭車であることを物語っています。

80520100320
■805・806編成     2010年3月20日、金沢検車区

金沢文庫の車庫脇の電留線に入線した805・806編成。中間封じ込めの先頭車3、4号車は半流線型の先頭形状を保ったまま客室化されたため、遠くから見てもすぐにわかりますね。

80720100424
■807・808編成     2010年4月24日、金沢文庫-金沢八景

807・808編成。800形というと急行新逗子か普通浦賀の行先を表示しているイメージがあります。

81020090505
■809・810編成     2009年5月5日、大森海岸

土砂降りの雨の中で撮影した809・810編成。10年前は珍しくもなんともなかったのですが…。

81120100613
■811編成     2010年6月13日、能見台-金沢文庫

次の811編成からは、3両固定編成で登場後に中間車3両を増備して間に挿入したため、運転台の無い中間車はすべて集中冷房装置搭載になります。

81220150726
■812編成     2015年7月26日、横浜-金沢文庫

卵のモニュメントで有名な某所より俯瞰ぎみに812。

81420111110
■814編成     2011年11月10日、金沢文庫-金沢八景

定番カーブで814。

81620150726
■816編成     2015年7月26日、横浜-金沢文庫

816

81720100424
■817編成     2010年4月24日、金沢八景ー金沢文庫

これはたしかデトを撮ったついでだったと思いますが、同区間の歩道橋から上りの817を。

81820111110a
■818編成     2011年11月10日、金沢八景-金沢文庫

上りの文庫止まり818

81920100613
■819編成     2010年6月13日、横浜-金沢文庫

フロアを変えるとこのレベル。819

82020170312
■820編成     2017年3月12日、新馬場-青物横丁

820を撮ったのは結構最近でしたね。高層ビルバックの定番ストレートで。

82020170312a
■820編成     2017年3月12日、品川-京急川崎

同じ820をこちらは高架化で誕生したポイントで。西側に高層マンションでも建ったら影で即アウトの場所ですからいつまで撮れることやら。

82120100627
■821編成     2010年6月27日、県立大学-京急堀之内

821は京急1000形さよなら運転の時に練習電で撮っていました。

82220100613
■822編成     2010年6月13日、能見台-金沢文庫

822

82320170318
■リバイバル塗装で通常運用中の823編成     2017年3月18日、京急川崎-品川

さよなら運転に使用された823編成は、2016年11月に登場時をイメージした塗装に復元されました。

82420180712
■824編成     2018年7月12日、横浜-金沢文庫

824編成は滑り込みで撮れました。まともに撮れるのは6両編成以下の場所です。

82520180712
■825編成     2018年7月12日、金沢文庫-金沢八景 

825編成。この場所に来るのはデト撮影のついでが多いですね。

82620170528
■826編成       2017年5月28日、京急ファインテック久里浜工場

826編成以降は6両貫通編成で登場。イベント時に撮った写真しか見つかりませんでした。

82720140817
■827編成     2014年8月17日、品川-北品川

最終増備車の827編成はこれまた定番の八つ山橋で。残り、813編成と815編成が揃えば全編成コンプリートとなったのですが、残念ながら2本とも影落ちの残念賞しかありませんでした。惜しい…。

●ちょっと変わり種の800形

804ltdexyoko20100606

 新町検車区では、入換中の電車に変わった行先や種別を表示することがあり、それが楽しみでデト入換撮影ついでに時々訪ねていました。こちらは、803・804編成の特急横浜行きです。幕が珍しいうえに後ろ3両が隠れたため、ちょうど登場時の3両編成のイメージになりました。

81820111110

こちらは文庫での新1000形、818、デト11・12の3並び。

800love

こちらは以前の記事の再掲、ラブトレイン823。都営浅草線や京成線・北総線に乗り入れてこない車種は若干馴染みが薄いというのはありますが、京急らしい前面非貫通の車種がどんどん減っているのは少し寂しい気もしますね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

【D社O工場の石灰石輸送 番外編】ボンネットバスに乗車

 2019年6月9日日曜日、新潟県糸魚川市で糸魚川さかな祭りが開催された。糸魚川駅から会場まで来場者を輸送するために、D社青海鉱山のボンネットバスが使用されると聞き、訪問することにした。駅前のホテルに前泊し、6時過ぎの大沢行バスに乗車してまずは原石線の1往復目を狙う。

20190609dbon001

いつもの時刻にやってきた、青海鉱山原石事務所行きの空車列車。今回は鉱山寄りからテコ401+テコ301+テコ302+テコ304+テコ303の5両フル編成で、機関車は2012年に導入された北陸重機工業製のDS-7であった。

20190609dbon002

石灰石の積込が終わると、DS-7牽引で発車。ヘッドライト点灯。5~7月の1往復目は公道側・機関車側が順光になる。大沢バス停に戻り、元旦以外は毎日走る8時過ぎの糸魚川駅行バスに乗車するが、通常であれば終点まで行くところ今回は途中の新寺島停留所で下車。さかな祭りの会場へ先回りすることにした。

20190609dbon011

まつりは9:30開始でまだまだ準備中であった。しかしここであることに気付く。会場は国道8号線沿いにあるのだが、入るには下り車線を左折するしかなく、上り車線から右折で入ることができない。つまりバスの往路便は復路便とは異なるルートを走行する可能性が高いということになる。復路は日本海沿いの8号線しかルートが無いので、往路はおそらく旧市街のバス通りではないか、そう予測して、出てくるところを交差点で待ち伏せることにした。

20190609dbon012

予想通りの道を通ってやってきた、会場行き第1便。立ち客もいるほどで満員である。

20190609dbon013

寺島交差点を右折し、すぐに左折しなければならないので左車線へ入る。D社のボンネットバスの存在は噂には聞いていたが、実物が走っているところを見るのは今回初めてである。

20190609dbon014

糸魚川さかな祭り会場に停車中の、ボンネットバス。冒頭で紹介したD社の青海鉱山(石灰石鉱山)へ従業員を輸送するために使用されていたものである。日本全国にボンネットバスの動態保存車は何台もあるが、そのほとんどはバス会社や旅館が旅客輸送用に残しているものである。しかしこのバスは、社用(自家用)の一般人が乗車できないバスであるという点で、特筆に値する。

20190609dbon021

1往復目の復路便に乗車し、駅へと戻る。窓越しに美しい日本海を見ることができた。往路便は満員で車内の写真は撮れないが、1往復目の復路ならば祭り開催時刻より前であり、これに乗って駅に戻る人は居ないので、写真を撮るにはうってつけなのである。

20190609dbon022

網棚が文字通り「網」でレトロ感漂う。扇風機は後付けだが、風が気持ち良い。

20190609dbon023_1

運転台はいたってシンプル。

20190609dbon024_1

駅に着くと、駅前ロータリーを一周した後、バックして屋外展示中のキハ52の横に静かに滑り込んだ。

20190609dbon031

この日の天気は曇り、昼前から雨予報であったので、こうしてカラッと晴れた時間は僅かであった。昨年まで、さかな祭り会場へのバスは反対側の日本海口発着であったが、今年はキハ52の屋外展示日と重なるためなのか、アルプス口発着に変更されたために実現した、キハ52 156とボンネットバスの並び。令和の時代に入ってからの昭和レトロ感。

20190609dbon032

近づいてバス単体でも撮ってみる。いすゞ製TSD40という型式のようで、4輪駆動、ボディは北村製作所製である。2009年頃にリニューアル改造されたようで、その際に排ガス規制対応のためシャーシ(エンジン含む)をトラックのものに換装しているという話題がSNS上に見つかったが、詳細は不明。

20190609dbon033

バスの迫力を強調したいので、広角寄りでも1枚。

20190609dbon034

曇った隙に反対側からも。

20190609dbon035

ボディ側面の標記類。「デンカ」と「青海鉱山」で書体が異なるのも興味深い。「自家用」標記の左には北村製作所の銘板。

20190609dbon036

正面から。

20190609dbon037

デンカ原石

20190609dbon038

乗車が終了し、乗降扉が閉まった。いよいよ2往復目の発車である。

20190609dbon039

さてここからは、沿道での撮影を試みる。

20190609dbon051

駅近くの並木道にて。車列の先頭にいるのが良い。

20190609dbon052

お気に入りの緑バックでまずは1枚。

20190609dbon053

3往復目はいよいよ混雑してくる。乗車前に記念撮影する方も多数。

20190609dbon055

「JR 糸魚川駅」の看板をバックに。

20190609dbon056

3往復目の復路。もちろん、北陸新幹線との交差を期待してこの場所に来たのだが、本数が非常に少ないので、そう簡単にはいかない。

20190609dbon057

4往復目は、旧市街の木造アーケードから古めかしい家屋をバックに。旧市街では、2016年12月22日に発生した糸魚川市大規模火災により焼失してしまった家屋も少なくない。なんとか昔の景色を再現できる場所は無いかと歩いて捜して、雰囲気の良いところにたどり着いた。

バスはまだあと2往復走るが、この日はしなの鉄道北しなの線を終日115系コカコーラ電車が走行していたので、これにて撤収。不定期でいいので、糸魚川駅前から大沢までこのバスが走ってくれればなぁ。御幸橋で原石線と並走したら面白いと思う。

20190609dbon101

大火で焼失してしまった酒蔵「加賀の井」。再建後はこのようになっている。

20190609dbon102

2012年4月15日にほぼ同じ場所で撮影したのが、こちら。加賀の井の純米吟醸は、ぜひまた飲んでみたいお酒である。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (2)

2019年6月10日 (月)

◆ベルギー◆アントヴェルペンのPCCカー

 2019年のゴールデンウィークは7年ぶりにヨーロッパに行ってきました。ドイツ・フランクフルトを拠点に、ルクセンブルク、ベルギー、フランス、オランダを鉄道で巡る正味7日間の旅です。途中ベルギーではアントワープに3連泊し、鉄道道路併用の可動橋のある臨港線と、ハンプのある操車場(欧州で2番目の規模)を訪ねたのですが、初日の金曜日こそ動いたものの、土日は沈黙。仕方なくプランBとしてトラムを見物することにしました。

Antvers_pcc70971

アントワープではまだPCCカーがバリバリ現役です。私の見た範囲では、平日はさすがに通勤客が多いためか、収容力の大きい新型の連接車が主力のようでしたが、土曜日はおよそ1/3が上のPCCカーでした。形式は7000形に区分されているようです。

Antvers_pcc70972

後追い。折り返しの末端駅はループになっており、ぐるっと回って進行方向を変えるので、リアに運転台は無く、窓の形状もフロントとは異なります。

Antvers_pcc70073

こちらも同じ7000形ですが7007号車は特別塗装でした。ふつうに乗客が乗っていたので只の広告電車なのでしょうか。

Antvers_pcc70074

パンタグラフが大きいですねぇ。

Antvers_lautobus

そして路面軌道はすべて舗装されており、路線バスと共用です。停留所も同じなので、モードの違いを意識せずに利用することができます。

Antvers_73061

車庫から出庫する新型連接車。ボンバルディア製のフレキシティ2というタイプで愛称はアルバトロス、形式は7300形のようです。

Antvers_73062

この写真のは7車体連接なのですが、まったく同じ顔で5車体連接と3車体連接が居るのも確認しました。

■アントワープという地名

日本では、フランダースの犬でお馴染みのアントワープ(Antwerp)という呼称が定着していますがこれは英語名で、フランス語ではアンヴェルス(Anvers)、オランダ語ではアントヴェルペン(Antwerpen)となります。ベルギーの公用語はフランス語、オランダ語、ドイツ語なのですが、アントワープのあるフランドル地方(ベルギーの北半分)はオランダに近いためオランダ語圏で、街中ではほぼオランダ語しか通じません。英語が通じる人でも、地名の英語読みまでは知らない人もいるので、会話の中では地名だけ現地語になったりします。知っておいて損はありません。

■ゲージのはなし

アントワープのトラムのレール幅は、1,000mmです。大陸側のヨーロッパ諸国では、長さの単位は国際標準のMKSA単位系に則りメートルです。このため、英国に直通する貨物輸送を行っているような各国国鉄の鉄道路線を除けば、島国英国のヤード・インチの長さ単位に合わせる必要はなく、軌間1,000mmの鉄軌道に時々出会うことがあります。鉱山鉄道に代表されるようなナローゲージ(Voie Etroite=ヴォワイエ・エトロワット)も、たとえばフランスは軌間700mm、ドイツは軌間750mmなど、いずれもメートル法でキリの良い値が採用されていることも珍しくありません。

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年7月 »