« 【D社O工場の石灰石輸送 番外編】ボンネットバスに乗車 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第287回 ■ブログ10周年記念ー戸畑第一操車場の手旗誘導入換ー »

2019年6月16日 (日)

◆京急電鉄◆800形電車さよなら運転

S8008231_lastrun
■京急800形さよなら団体臨時列車  2019年6月16日、品川-久里工信号所

 2019年6月16日日曜日、京急電鉄800形電車のさよなら運転が、品川-久里工信号所間で実施されました。充当された800形最後の1本は823編成で、先頭車前位側妻面には、沿線の鉄道マニアが名づけた愛称「ダルマ」をイメージしたデザインの記念ヘッドーマーク風ステッカーが貼付されました。今回の引退は、京急本線のホームドア導入に伴い乗降扉の位置が合わなくなることによる運用離脱で、読売新聞の「話の港」によれば、今後は予備車として暫く車庫で待機する日が続きそうです。

●私の見た800形

 京急電車の撮影は大抵、神奈川臨海鉄道やJR貨物川崎車両所の入換を撮りに行ったついでにというのがほとんどで、景色の綺麗なところで撮影した写真は皆無です。無機質な編成写真ばかりになりますが、私の見た800形を振り返ります。

80120100424
■801・802編成     2010年4月24日、金沢文庫-金沢八景

まずはトップナンバーに登場してもらいましょう。801・802編成です。800形は登場時3両固定編成で、801~810の10本は3+3の6両編成を組んで運転されていました。中間に挟まれる3号車と4号車の運転台はのちに撤去され客室化されますが、中間車にもかかわらず分散配置された冷房装置が元 先頭車であることを物語っています。

80520100320
■805・806編成     2010年3月20日、金沢検車区

金沢文庫の車庫脇の電留線に入線した805・806編成。中間封じ込めの先頭車3、4号車は半流線型の先頭形状を保ったまま客室化されたため、遠くから見てもすぐにわかりますね。

80720100424
■807・808編成     2010年4月24日、金沢文庫-金沢八景

807・808編成。800形というと急行新逗子か普通浦賀の行先を表示しているイメージがあります。

81020090505
■809・810編成     2009年5月5日、大森海岸

土砂降りの雨の中で撮影した809・810編成。10年前は珍しくもなんともなかったのですが…。

81120100613
■811編成     2010年6月13日、能見台-金沢文庫

次の811編成からは、3両固定編成で登場後に中間車3両を増備して間に挿入したため、運転台の無い中間車はすべて集中冷房装置搭載になります。

81220150726
■812編成     2015年7月26日、横浜-金沢文庫

卵のモニュメントで有名な某所より俯瞰ぎみに812。

81420111110
■814編成     2011年11月10日、金沢文庫-金沢八景

定番カーブで814。

81620150726
■816編成     2015年7月26日、横浜-金沢文庫

816

81720100424
■817編成     2010年4月24日、金沢八景ー金沢文庫

これはたしかデトを撮ったついでだったと思いますが、同区間の歩道橋から上りの817を。

81820111110a
■818編成     2011年11月10日、金沢八景-金沢文庫

上りの文庫止まり818

81920100613
■819編成     2010年6月13日、横浜-金沢文庫

フロアを変えるとこのレベル。819

82020170312
■820編成     2017年3月12日、新馬場-青物横丁

820を撮ったのは結構最近でしたね。高層ビルバックの定番ストレートで。

82020170312a
■820編成     2017年3月12日、品川-京急川崎

同じ820をこちらは高架化で誕生したポイントで。西側に高層マンションでも建ったら影で即アウトの場所ですからいつまで撮れることやら。

82120100627
■821編成     2010年6月27日、県立大学-京急堀之内

821は京急1000形さよなら運転の時に練習電で撮っていました。

82220100613
■822編成     2010年6月13日、能見台-金沢文庫

822

82320170318
■リバイバル塗装で通常運用中の823編成     2017年3月18日、京急川崎-品川

さよなら運転に使用された823編成は、2016年11月に登場時をイメージした塗装に復元されました。

82420180712
■824編成     2018年7月12日、横浜-金沢文庫

824編成は滑り込みで撮れました。まともに撮れるのは6両編成以下の場所です。

82520180712
■825編成     2018年7月12日、金沢文庫-金沢八景 

825編成。この場所に来るのはデト撮影のついでが多いですね。

82620170528
■826編成       2017年5月28日、京急ファインテック久里浜工場

826編成以降は6両貫通編成で登場。イベント時に撮った写真しか見つかりませんでした。

82720140817
■827編成     2014年8月17日、品川-北品川

最終増備車の827編成はこれまた定番の八つ山橋で。残り、813編成と815編成が揃えば全編成コンプリートとなったのですが、残念ながら2本とも影落ちの残念賞しかありませんでした。惜しい…。

●ちょっと変わり種の800形

804ltdexyoko20100606

 新町検車区では、入換中の電車に変わった行先や種別を表示することがあり、それが楽しみでデト入換撮影ついでに時々訪ねていました。こちらは、803・804編成の特急横浜行きです。幕が珍しいうえに後ろ3両が隠れたため、ちょうど登場時の3両編成のイメージになりました。

81820111110

こちらは文庫での新1000形、818、デト11・12の3並び。

800love

こちらは以前の記事の再掲、ラブトレイン823。都営浅草線や京成線・北総線に乗り入れてこない車種は若干馴染みが薄いというのはありますが、京急らしい前面非貫通の車種がどんどん減っているのは少し寂しい気もしますね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【D社O工場の石灰石輸送 番外編】ボンネットバスに乗車 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第287回 ■ブログ10周年記念ー戸畑第一操車場の手旗誘導入換ー »

▽私鉄の希少車輌 2.関東甲信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【D社O工場の石灰石輸送 番外編】ボンネットバスに乗車 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第287回 ■ブログ10周年記念ー戸畑第一操車場の手旗誘導入換ー »