« ★155万アクセス突破★EF60形19号機牽引ELぐんまよこかわ号(2019) | トップページ | ◆都営地下鉄大江戸線◆E5000形牽引12-000系馬込出場回送 »

2019年7月15日 (月)

【くろがね線を読み解く】第290回 ■小倉地区の岸壁半製品水切り入換

 2019年7月にクモヤ443・442による架線検測を見物しに九州北部を訪ねた際、Y製鐵所小倉地区にて、水切りした半製品を構内の工場へ運ぶための入換を見ることができた(「水切り」とは、船で運んできた荷物を陸に揚げることを指す。水揚げとも言う)。

D308sys_190707a

小倉駅前でレンタサイクルを借り、東小倉-小倉間と西小倉-南小倉間でクモヤ443・442架線検測列車を撮影後、そのまま例の岸壁へ行ってみると、ちょうど機関車が接岸中の船に近付いていく場面に遭遇した。船はN社の物流子会社が運行管理しているF丸で、2014年に愛媛県今治市の矢野造船で建造された内航貨物船である。今治と言えばみかんとタオルと提灯で有名だが、産業的にはまず造船である。

D308sys_190707

機関車はD308、日立製作所製の35トンB-B機である。以前エスケイケイ物流塗装時代を紹介したが、他の機関車同様Y製鐵所標準塗装に変更されている。空車の長物車を構内から持ってきて岸壁の一番手前、船のすぐ横の線路に押し込んだ。

D308sys_1907072

いつも見ている引上線の岸壁は、ここ数年草刈りをしていないのか足元が見えなくなっているが、岸壁はアスファルト舗装のため草が無く台車の形までよく見える。機関車は長物車を切り離して単機で奥に行くと、スイッチバックして内陸側の線路へ再び入ってきた。

D308sys_1907073

船の横に並ぶように入線、貨車連結のためなのか、しばし小休止。

D308sys_1907074

今度は荷を積んだ長物車を引き出して構内へ向かっていった。

D308sys_1907075

積んでいる荷はブルーム(圧延されて棒鋼に加工される前の半製品)である。小倉地区では、溶銑・スラグ・半製品輸送は鉄道だが、棒鋼線材などの最終製品は、既にキャリアパレットカー等による無軌条輸送に置き換えられており、貨車のバリエーションは戸畑・八幡地区ほど多くはない。ただし機関車も貨車も全体的に古いものが現役で残っていることがあるので、要注意である。この長物車はステップを手すり付きのものに改造したのだろうか。塗装がその部分だけ綺麗である。台車はマクラバネがコイルで軸受もコロ軸受を採用しており、随分と重厚な造りである。台車枠に穴が4か所空いていることから察するに、注入台車に使用されていた台車から遮熱板を外して転用した可能性も考えられる。戸畑・八幡地区では実際にそのような事例がある。(→こちらの記事を参照のこと

D308sys_1907076

数十分後に船が出港し、前回機関車が入換にやってきてからおよそ1時間後、同じD308が再度単機でやってきた。別の機関車が来るのではと期待して待ってみたが、同じものが来た。船で運んできた半製品の水切りは、船から貨車へ直接積むのではなく、クレーンで一旦岸壁に積み上げる。それを貨車に積んで構内へ持っていくのは別のタイミングである。機関車は、空車の貨車を連れてきて、荷を積んだ貨車を連れて行くという作業を繰り返す。岸壁のクレーンが、次に機関車が来るまでに半製品を貨車に積んでいく。

D308sys_1907077

船がいなくなり、積み上げられたブルームが見える。貨車に積んだブルームはD308が構内へ持っていった。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★155万アクセス突破★EF60形19号機牽引ELぐんまよこかわ号(2019) | トップページ | ◆都営地下鉄大江戸線◆E5000形牽引12-000系馬込出場回送 »

▽くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

▼B.日立のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★155万アクセス突破★EF60形19号機牽引ELぐんまよこかわ号(2019) | トップページ | ◆都営地下鉄大江戸線◆E5000形牽引12-000系馬込出場回送 »