« ■ベルギー国鉄■27形電気機関車 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第290回 ■小倉地区の岸壁半製品水切り入換 »

2019年7月13日 (土)

★155万アクセス突破★EF60形19号機牽引ELぐんまよこかわ号(2019)

2019年6月2日、JR信越本線高崎―横川間で「ELぐんまよこかわ」が運転されました。今回は、牽引機に稼働率の低い高崎車両センター所属のEF60形19号機が充当されるため、馴染みの場所へ行ってきました。

20190602_ef60191

10年前のEF55形さよなら運転以来でしたが、長閑な景色は健在。

20190602_ef60192

復路はSL牽引となるため片道のみでしたが、1灯ライトのEF60形を堪能させていただきました。EF60形はこのあと2019年7月1日夜に高崎を発ち秋田総合車両センター(旧 土崎工場)へ回送されてしまいましたが、今後どうなるのでしょうか。秋田総合車両センターでは、周辺の電車や気動車のほかJR東日本のすべての機関車と客車(E26系を除く)の全般検査・重要部検査を実施しています。廃車になった機関車や気動車・電車の解体も実施しているため、気になりますね。

●私の見たEF60

 EF60形19号機牽引の列車で一番良く乗ったのは、EL奥利根です。SL奥利根を撮影したあと後続の電車で渋川で追いつきSL奥利根に乗り換えて、そのままEL奥利根に乗って上野へ帰る時によく利用しました。上りEL奥利根は高崎を17時台に発車するうえに、本庄で後続の新特急草津と普通電車1本に追い抜かれるダイヤだったため、その間に陽が暮れて夏場以外はほとんど撮影できない代物でした。下りは下りでどこで撮っても逆光でした。そういうわけで、乗り鉄ではなく撮る方では上越訓練の方が馴染みがあります。

Eljoetsushiten20090731

こちら2枚は4年前の記事で紹介した写真の再掲です。2007年の全般検査で国鉄色に戻ったあと、2010年に1灯ライト化される前の両端シールドビーム・国鉄色時代ですね。

Eljoetsushiten200907312

この当時の上越訓練は、2018年現在のように客車編成の前後に機関車を配する(いわゆるプッシュ・プル)方式ではなかったので、終端駅では機回し、入換が行われていました。

20090731_ef60191

推進で高崎駅へ入線する上越訓練発車前入換。営業列車ではないためホームの無い線路に入りました。

20090731_ef60192

機回しして水上側に連結します。(以上2009年7月31日撮影)

20120303_3rd

こちらも以前の再掲ですが、2012年3月3日に運行された急行いず物語。ばんえつ物語用12系客車をEF60形19号機とEF64形1031号機がプッシュ・プル方式で牽引しました。

●過去帳入りした高崎の動態保存機

 さてこの機会に、ブログを始める前に撮っていた高崎の電気機関車をあわせて紹介します。

20090117_ef5512

こちら記事冒頭の写真とほぼ同じ場所で撮影した、EF55形1号機のさよなら運転です。ムーミンことEF55形は、国鉄常務理事だった(のちのJR東日本初代副社長)山之内秀一郎氏の鶴の一声で正式に大宮工場での動態復元が実現したと言われております。その山之内氏が2008年8月8日に他界すると、同年冬に信越本線や上越線でさよなら運転が行われ、2009年1月18日の運転をもって引退しました。上写真はその前日1月17日の撮影。

20090112_ef5511

こちらはDLとのプッシュ・プルのさよなら運転、ヘッドマーク付。2009年1月12日撮影。

20090112_ef5512

この時は後続の普電で追いかけて横川まで行きましたが、いつまで経っても人が減ることは無く、綺麗に撮るのを諦めた記憶があります(苦笑)

20090112_ef5513

末期は行先表示幕も特製でした。

20090117_ef5515

横川駅で形式写真が綺麗に撮れないので、仕方なく復路の途中通過駅で最後尾を流し撮りしようという目論見。むかし1990年代~2000年代前半に、EF55が水上駅や新津駅で展示された時にも撮りに行っているのですが、いまみたいに車両手前に規制線を張ることは無く車両から離れて撮るような風習?は無かったのか、手前に人が写りこんでいる写真ばかりでした。

20081206_ef5511

2008年12月6日のさよなら運転。上越線複線化によってできた廃線跡からアウトカーブで狙う有名な場所でしたが、SLは煙が出ない場所なので来る人は少なかったですね。この数年後、C6120復活の頃からロープが張られ立入禁止になっとります。

20081206_ef5512

カーブだと先台車の中心が車体中心からずれているのがよく分かりますね。

20081213_ef5511

2008年12月13日のさよなら運転では、新潟のばんえつ物語用12系客車を使用しました。なぜか連結器に銀色を入れていました。たしかこの時はさよなら列車が数分遅れて来たために上りの107系普電が手前に被ってしまったのでした。

20081213_ef5512

スジはSL奥利根とほぼ同じでしたので、後続の普電に乗り渋川で追い抜いてもう1回。これは上牧ー水上かな?

20081213_ef5513

通過の25分ほど前の到着で編成を撮れるところは既に人でいっぱいでしたので、機関車中心に。

20081213_ef5514

水上駅到着後は転車台で向きを変えます。

20081213_ef5515

冬至も近い時期なので日照時間は短い。水上発車後すぐに撮らないと露出がもたない……というわけで復路も機関車中心で今度は流し撮り。

20090719_ef6410012

次にEF64形1001号機。この車両はまだ廃車になっておらず現役と思いますが、2017年10月の全般検査で国鉄色に復しており、ぶどう色のやすらぎ色は1052号機に譲りましたので、過去の姿ということで。

20090719_ef6410011

2018年現在のSLみなかみ号では、オハニの荷物室は車内販売用ワゴン・販売員の待機スペースとして利用されており、編成端に連結されますので、編成中間にオハニが入っているのはいかにも訓練運転ぽいですね。

20090719_ef6410013

もう少し植物がおとなしい時期に再訪したいものです。この時はオハニ無しでの訓練。

20090719_ef6410014

中間オハ47、編成端スハフ43(緩急室は編成端寄り)の正調編成。

20090719_ef6410015

上りも後続の普電で渋川で追い抜いて先回りが定番。(すべて2009年7月撮影) このEF64形1001号機はもとより、EF64形37号機ももはや動態保存機扱いですが、そのうちEF65PFもそんな風になってくるのでしょうか。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ■ベルギー国鉄■27形電気機関車 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第290回 ■小倉地区の岸壁半製品水切り入換 »

アクセス突破記念」カテゴリの記事

▽JRの珍車・名車」カテゴリの記事

コメント

EF60 19は小学校に上がったばかりの頃アメリカントレインで交流電化の北陸本線に入線したこともあります。
恐らくEF81辺りに牽引されて無動力で回送されて来たのでしょうが西金沢駅の旧貨物側線で展示イベントが行われました。
この時に親が撮った写真はいつの間にか紛失してしまい惜しいことをしたものです。
イベントそのものより北陸線で前照灯一灯ということはEF70にまだ生き残りがいたのか!?と色めきだったり、日頃見かけない50系客車が使われていたこと、会場の横を通り過ぎる北陸鉄道石川線の旧型電車が気になったりと関心が本筋から外れるのもこの頃からでした(笑)
EF55は関東在住時に引退したので私も末期に友人と西松井田~横川で何度か撮影しており懐かしいです。

投稿: 西宮後 | 2019年7月24日 (水) 22:59

西宮後さんこんばんは
アメリカントレインは北陸にも入線していたのですね。しかも貨物側線に入っていたとは。
どうやって入換していたのか、興味深いですね。ふつうに松任からDE10が来て、ですかね??
いまは土崎工場内の線路上に留置されているEF60 19ですが、
来月17日の公開イベントで、もし展示されたら、無架線地帯展示の再現で面白いですね。
実際に2015年の公開では、廃車になった直流電機3両(EF64 39+EF65 1106+EF64 38)が無架線地帯に展示されていました。

ところで、仰る通りそういえば北陸に50系客車は見なかったですね。
急行形の格下げ転用と581系の近郊化改造で一気に電車化が進んだのでしょうか。
私の父は魚津の出身なのですが、富山以外はあまり記憶になく、
石川県や福井県に行ったのは大学進学が決まってから、新潟県は浪人生時代、山形秋田は社会人になってからと、
日本海縦貫線は1990年代以降の姿しかほとんど覚えておりません。
九州と山陽本線の広島以西は国鉄時代から良く乗っていて覚えているのですけど。。

貴重な思い出話を、ありがとうございました。

投稿: 社長 | 2019年7月28日 (日) 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■ベルギー国鉄■27形電気機関車 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第290回 ■小倉地区の岸壁半製品水切り入換 »