« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月26日 (月)

■JR九州■サロンカー明星(2019)

 2019年8月23日(金)から26日(月)にかけ、大阪-熊本間でサロンカーなにわを使用した団体臨時列車「サロンカー明星」が運転されました。往路は23日夕方大阪発の翌24日正午前に熊本着、復路は25日夕方博多発の翌26日早朝に大阪着のダイヤです。

客車列車が走行するからと言って毎回撮影する訳ではありませんが、今回は特別です。まだ小学校に上がる前のこと、人生で初めて乗った夜行列車が「寝台特急明星 西鹿児島行」でした。当時の使用車両は581系電車で客車ではありませんでしたが、明星の虹色のトレインマークが印象に残っています。中学生時代は、お盆や正月など繁忙期になると大阪-西鹿児島間にサロンカーなにわを使用した「サロンカー屋久島」が運行され、鹿児島運転所に留置されているところを何度も見ています(→過去写真はこちら)。動いているところを見たくて、夜に西駅に行って見送ったこともあります。そんなわけで、「明星」の名を冠し九州入りしてくる「サロンカーなにわ」の組合せには、特別な想いがあります。

20190824myojo01

金曜夜に飛行機で北九州へ向かい前泊、翌24日は始発電車の到着より前に最初のポイントへ直行しました。夜が明けておよそ30分後、DE10重連の牽引するサロンカーなにわがやってきました。列車はサロンカー明星としての運転ですが、門司機関区に保管されている寝台特急明星のお椀型ヘッドマーク(中央がレンズ状に膨らんでいるのが下関機関区のものとは異なる)を取り付けていました。なかなかニクい演出です。

さて、普段から個人的に気を付けている追っかけの心得として、直線、カーブ、あおり、俯瞰のバランスを意識するというのがあります。加えて入換も撮れればなお良いです(→過去の追っかけは、150mレール輸送やJR九州マヤ軌道検測前編中編後編をご覧ください)。

20190824myojo02

八幡駅で停車中に先回り。レール輸送の臨時工事列車を撮影してきた馴染みの場所で(→過去の工臨写真はこちらこちらを参照)。列車だけでなく、線路切替の変遷が同時に記録できるので一石二鳥です。

20190824myojo03

ソニックで追い越し各停へと乗り継ぎ、タクシー¥980-でテンハルへ。JR九州は最近線路沿いの草刈りをあまりやらないので、段々目立つようになってきました。

20190824myojo04

このあとさらに追いかけても良いのですが、今回はとある列車を待つためにこのまま留まります。

201610207stars07

JR九州のクルーズトレイン「ななつ星」は、専用機関車DF200-7001が牽引しますが、2019年8月に入ってから2回故障したため、運用離脱して小倉総合車両センターへ点検のため回送されてしまいました。この代替で、訪問日はDE10重連に差し替えられていたのです。

20190824myojo05

ついにやってきた、DE10重連牽引のななつ星。

20190824myojo06

本務機DE10 1753+次位総括DE10 1207の組合せでした。このあと原田駅から先の追っかけは新幹線利用不可避であり、時間に余裕があるため歩いて駅まで戻ります。久留米から新八代へワープ。九州新幹線新八代-鹿児島中央間暫定開業時から何度も利用している駅ですが、下車したのは2014年にマヤ検を追いかけて以来です。

20190824myojo08

熊本で乗客を降ろした後、機回しのため八代まで回送する列車を迎えます。高架化以降の熊本駅では、場内で入換を行うことができないのでしょうか。熊本車両センターまで回送して機回ししても良いような気もしますが、列車として八代まで南下してくれるのは有難いです。

20190824myojo09

最後尾のテールサインは「サロンカーなにわ」と「明星」の図案を合わせた独特のデザインでした。大阪-下関間で当列車を牽引してきたEF65 1133が同じデザインのヘッドマークを付けていたようですね。

20190824myojo21

すぐさまタクシーで八代駅へ移動すると、入換に間に合いました。八代駅は国鉄時代に旅客・貨物を両方取り扱っていたいわゆる「一般駅」で、分割民営化後もJR九州の駅とJR貨物の駅が共存しています。主な荷主は、背後に煙突の見える日本製紙(八代工場)です。むかしは同工場に専用側線が引き込まれ、スイッチャーによる入換が行われていましたが、現在工場内の線路は撤去され、電気機関車がコキを荷役線に据え付けるスタイルに変わりました。フォークリフトが荷役線と工場の間を往復しています。

201304_062801001

八代駅で使用されていたことのあるスイッチャーで現存するのは、現在延岡駅でコンテナ車の入換に使用されている06-28-01-001ですね。上写真は延岡に移動する前、2013年4月に西大分で使用されていた頃のものです。キャブに001の標記が有ります。

 

20190824myojo22

すぐに入換が始まりました。先頭に乗っているのは、JR九州八代駅の入換担当者です。作業後に訊いてみましたが、この臨時列車の機回しのために熊本から回送列車に便乗してきたわけではなく、普段から八代駅で入換を行っているとのことです。八代駅では、熊本方面発着の電車、肥薩線の気動車などを構内の側線に留置する際に入換が必要なため、要員は常に居るそうです。通常の入換は、入換信号機の現示に従い自力走行しますので誘導は不要ですが、一部に信号梃子を扱う区間があるため、先頭に誘導が立ち無線指示や手旗による入換が必要とのこと。なお毎日発着する貨物列車の入換は行わないそうです(JR貨物が別途要員手配)。

20190824myojo23

下関から田原坂を超えての長旅おつかれさまでした。牽引機は本務機DE10 1209+次位総括DE10 1756でした。

20190824myojo24

コンテナの並ぶ荷役線をバックに機回し中。

20190824myojo25

ホームに目をやると、客車7両編成が綺麗に見えました。

20190824myojo27

明星のテールマーク、機関車次位のため隠れていた八代寄り。オリジナルの寝台特急明星の図案をベースに、今回の企画「熊本デスティネーションキャンペーン」を表すKUMAMOTO DC 2019の文字が違和感なく溶け込んだデザインでした。

20190824myojo28

サボも特製でしょうか。

20190824myojo26_20190829230201

入換中、DE10重連との並びも。

20190824myojo29

DE10重連は機回し中に一時停止。鳥栖行の817系が発車し、サロンカーとの3並び&工場煙突バックが実現しました。

20190824myojo30

やがて熊本方向へ動き出し、スイッチバックして客車のいる線路へ転線します。貨物駅の照明塔バックで。

20190824myojo31

客車と機関車が連結されたので駅へ戻ってみると、今度は肥薩線キハ40、815系との3並びが見られました。発車時刻が迫っているキハ40はヘッドライト点灯。

20190824myojo32

さて客車はこの日のうちに博多の竹下気動車区(2019年8月現在は南福岡車両区竹下車両派出)まで引き上げて車内整備をしますので、回送列車を撮るべく新幹線で移動します。ディズニー関係のラッピング車がやってきました。この日だけで赤と黄色の2編成見ました。

20190824myojo33

相互リンク先のブログ「眠れないマクラギを数えて」のUTXCさんに教えてもらっていたポイントへ直行。実は、在来線の鳥栖行の先行列車で来ても、サロンカー通過十数分前に到着するので間に合うのですが、画角が大幅に制限される実質定員の少ない場所と聞いていたので、少しでも早く到着すべく新幹線を利用。

20190824myojo41

撮影後再びつばめで博多へ移動、一駅戻って竹下へ。ギリギリでしたが竹下の入換に間に合いました。よく見ると、入換であれば本来点灯しているはずのDE10の後部標識灯が消灯していますので、竹下小運転線は竹下駅の側線ではなく副本線扱いであり、入換ではないようですね。

20190824myojo42

門司港寄りで一旦停止します。編成が停車している竹下小運転線の奥が博多駅です。

20190824myojo43

スロフの展望室に誘導者が現れ、無線指示によって推進で竹下車両派出へ入ります。豪華展望室からの無線指示、日本一労働環境の良い入換作業ではないでしょうか(カシオペアの推進運転は入換ではないので)。

20190824myojo44

側線へ推進のため、後部標識灯は片側点灯で正真正銘の入換ですね。左手には当区に配置されている蓄電池電車BEC819系の姿も見えます。

20190824myojo45

終了後、車両区の横へ行ってみるとその一部が見えました。サロンカーなにわと、BEC819系、817系が並んでいます。

20190824myojo46

竹下駅の自転車置き場から並びを。右から順に813系、783系ハウステンボスリニューアルカラー、キハ47、サロンカーなにわです。

20190824myojo47

サロンカーなにわの方にピントを合わせて。17時近くなり暗いのでこれにて撤収しました。

20190824myojo51

翌25日の上り列車は、どこで撮ろうか迷いましたが、2013年に人口150万人を突破した大都市福岡市のこと、やはりベッドタウンらしい住宅街でも撮っておこうと思い至り。俯瞰の縦アングルはまだ無かったので、電車移動中にGoogleストリートビューで適当に撮れそうな陸橋を捜して決定。予定より20分以上遅延していましたが、14系寝台車が使用されていた時代に存在した、寝台特急明星・あかつき併結列車用の「明星・あかつき」ヘッドマークを装着してやってきました。これには痺れましたね。

20190824myojo52

傷だらけで年季が入っているのが良いですね。

20190824myojo53

最後は遠賀川の後背湿地から台地への連続上り勾配で。煙がハッキリ見えました。北九州空港20:50発の飛行機に乗らなければならないため、門司や下関まで追っかけはせず、これにて終了。天気はいまひとつでしたが、サロンカー明星を堪能することができ、感無量です。九州の黒いDE10重連と落ち着いた色調のサロンカーなにわの組合せは魅力的ですが、黒いDE10と12系客車国鉄色にはあまり興味が無いので、来月の急行阿蘇を撮りに来る予定はありません(笑)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年8月20日 (火)

◆東京都交通局E5000形電気機関車の活躍◆都営地下鉄大江戸線用車両出場回送

 8月9連休の盆明けは仕事に忙殺されそうな気配を感じてはいましたが、まさか最終退館者のひとり前になるとは…。最終退館者は戸締りやフロアロック、守衛さんへの手続等やる事が増えるので面倒、さすがに焦りました💦 なんとかビリにならずに逃げ切ったものの、遅くなったし気分転換もしたいので、以前のように馬込車両基地に様子を見に行ってみることにしました。都営浅草線ユーザーですからアクセスは容易です。

さて、どどめき橋に着いて俯瞰してみたところ、意外なことにまたE5000形重連が大江戸線用車両を連結して待機していました(以前とほとんど同じなので写真は省略します)。集電装置を上げていますので、今夜は大江戸線用車両の出場回送列車が走りそうです。早速撮影できる駅へ移動します。前回は、終電アクセス失敗のリスク回避のため大門駅にしたのですが、よく調べてみると同じ終電に五反田駅から乗れることが判明しました。というわけで今回は五反田に決定。

E50002499ta

北行終電後、まずは57Tの回送列車(回2357T?)がやってきました。この列車、毎日ではないもののたまに運転するみたいです。浅草線内で急行灯を点灯する列車の代表格はエアポート快特ですが(通過駅があるため)、営業列車は本来全駅停車する泉岳寺~西馬込間での急行灯点灯。これはこれで良いですね。もっとも日中に試運転スジが2往復あるので、こんなに遅くまで頑張らなくても撮れなくはないですが。

E50002499tb

その後、続行でやってきた回2499T。牽引しているのはE5000形のE5004+E5003で、被牽引車は大江戸線用12-600系12-651編成でした。よく見ると、E5004前面の連結器を照らすための作業灯が点灯していますね。このライトは、汐留連絡線を通過して大江戸線汐留駅の引上げ線に入線後、被牽引車を切り離す際(或いは入場時に連結する際)に使用されるもので、本線走行中に点灯する必要はないようにも思えるのですが…。

いずれにせよ、機関車そのものは馬込公開時に何度も撮っているので、牽引・運転シーンが重要なテーマとなる訳ですが、前回E5002+E5001を、今回はE5004+E5003を見られて作業灯有りも記録できたのは、幸運でした。でも走行中の点灯、一体どんな理由で必要なんでしょうか。今回最大の謎です。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

◆ザールラントの貨物列車◆ドイツ、フランス、ルクセンブルク2019

 2019年のゴールデンウィークに訪ねたドイツ・ザールラントで見かけた貨物列車をいくつか紹介します。

Saar01br185_2185

まずはフェルクリンゲン駅を通過するBR185.2(185形200番台)の218号機。ボンバルディア社製の副電源対応の電気機関車で、ドイツの交流15kV 16 2/3Hzのほか、フランス東部やルクセンブルクで採用されている交流25kV 50Hzにも対応しています。機関車の後ろに連結されている貨車は、以前別の記事で紹介したものと似たスタイルのコイル輸送用の防水フード付き長物車と、その後方にはスラブ・ブルームなどを輸送するための長物車(サイドポール付)が連結されています。製鉄所の製品・半製品輸送用の貨物列車であることがすぐにわかりますね。

隣国フランスと国境を接するザールラントは、その帰属を巡りドイツ・フランス両国が永年に渡り覇権争いを繰り返してきた土地です。この地域にはかつて多くの炭鉱や製鉄所があり、石炭・鉄鋼資源の利権争いがたびたび火種となっていました。過去の二度の大戦の教訓から、石炭・鉄鋼資源を周辺国で共同管理するための組織「欧州石炭鉄鋼共同体」が1952年7月23日に設立され、1958年に欧州経済共同体へ、1967年にヨーロッパ共同体へと統合を深化させ、1993年11月1日に現在のEU(欧州連合)が発足しました。ヨーロッパにとっての鉄鋼業は、戦争の歴史の一部であり、欧州統合の要でもあるわけです。

Saar02br185_2185

夕方にエンズドルフ駅でディリンゲン方面に行くために旅客列車を待っていると、同じ機関車BR185 218-5が戻ってきました。後ろの貨車はすべて空車ですから、ディリンゲンへ戻る途中でしょうか。

Saar03br162_005

こちらは駅間移動中にみかけた石炭輸送の返空と思われる列車。牽引するのはスウェーデンのヘクターレイルという貨物輸送会社の機関車で、型式はHCTOR162、元ドイツ鉄道151形電気機関車です。番号が162.005ですから元BR151 133-6ですね。ヘクターレイル所属の中古機関車の面白いところは、1両ずつ愛称が付けられている点です。この5号機は、妻面記号番号の下に「Herzog(ヘルツォック=公爵)」と記されています。

Saar04bb437036

さあいよいよシンボリックな組み合わせが出てきました。ドイツ鉄道の電車とすれ違う、フランス国鉄の電気機関車です。フランス国鉄は貨物輸送部門所属の機関車を「FRET」として区別し、外観も緑・白・シルバーの塗装で貨物用であることが一目でわかります。FRETの機関車は、型式の10万の位に4を付与しています。

ここで参考までに、フランス国鉄の電気機関車の形式命名規則をまとめましょう。

冒頭に車軸配置 → D形ならBB、F形ならCC

数字4ケタないし1万の位が0 直流1.5kV専用
        1万の位が1 交流25kV 50Hz専用
        1万の位が2

2電源対応
(直流1.5kVと交流25kV 50Hzの交直両用)

        1万の位が3 3電源対応
        1万の位が4 4電源対応

上写真の機関車は437036と記されていますので、FRET所属のBB37000形36号機ということになります。

3電源の内訳は型式毎に異なりますが、代表的なものはBB36000とBB37000ですね。

  • BB36000 →直流1.5kV、3kV、交流25kV 50Hzの3電源対応
  • BB37000 →直流1.5kV、交流25kV 50Hz、交流15kV 16 2/3Hzの3電源対応

というわけで、交流15kV 16 2/3Hzで電化されているドイツやスイスの国境近くで見かけるのは自ずとBB37000ばかりになります。

Saar05br1852

不意に逆方向から来たので先頭は撮り損ねましたが、面白い貨車が見られました。ドイツ鉄道の車輌限界は幅3,100mm前後なので、それを超える幅の積荷は日本の常識からすると運べないのですが、そこはヨーロッパ、車輌限界に対して対角線上に傾ければ車輌限界を超える幅の積荷でも輸送できてしまいます。

Saar06br1852

このため傾斜機構を備えた貨車がヨーロッパにはたくさんあります。積荷は厚板ですね。自動車のボディにするには厚すぎるので、建材用か造船用でしょうか。

Saar07cfl4012

早朝で写りは悪いですが、隣国ルクセンブルク国鉄の機関車もやってきました。CFL4000の12号機です。ボンバルディア社製の2電源対応機関車で、冒頭で登場したドイツ鉄道185形とほぼ同一性能の姉妹機です。

Saar08cfl4012

貨車はMARSLOGISTICSのコンテナがメインでした。いや、でもよく見るとこれはコンテナでは無いゾ!?

Saar09cfl4012

そう、トレーラーを貨車にそのまま載せているんです。これもヨーロッパの貨物列車の醍醐味ですね。

今回のザールラント訪問の主目的は別のところにあったので、本線を走行する一般の貨物列車はあまり撮れませんでしたが、石灰石輸送用の2軸のホッパー車や、自動連結器しか装備していない鉄鉱石輸送用貨車を一般貨物列車に併結する際に使用する、最高速度120km/hの2軸の控車が現役であることも確認できました。今度じっくり撮ってみたいですね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年8月 1日 (木)

◆都営地下鉄大江戸線◆E5000形牽引12-000系馬込出場回送

 2011年3月に発生した東日本大震災をきっかけに勤務先が港区内に移転して以来、都営地下鉄浅草線ユーザーとなりました。地下鉄大江戸線の車両が馬込車両基地で全般検査を受けるために、E5000形電気機関車に牽引されて浅草線を回送されるシーンは、興味はあったものの一度も撮ったことはありませんでした。もともと終電後に運行される列車なので見られるチャンスは少ないのですが、運行のある日は当日発車前に馬込車両基地に行けば編成を組成して待機しているはず(入換は明るい時間帯に終えているはず)という推測のもと、残業で帰りが遅くなった日に、時々西馬込まで様子を見に行ったことがあります。

E50002499t1

2019年7月29日は、サーバ側の処理時間の都合で定時後に仕掛ける仕事があり21時頃まで残業することになったので、帰りに寄ってみました。すると、普段とは異なりE5000形が1ユニットしか居ません。E5004+E5003の2両のみです。

E50002499t2

ふだんはこのように2両1ユニットが2本並んでいるはずなのですが。。

とはいえ、この機関車が走行するのは終電後ですから、21時台に走っているはずはなく、どこか基地内の別の場所にいるはずです。

E50002499t3

反対側を見てみると、5300形や新型の5500形電車に混じって、一番右側、リアクションプレートのある大江戸線用試運転線に、大江戸線用12-000系が留置されているのが見えました。留置車両は8両編成を組んでいるようです。

E50002499t4

そしてよく見てみると、12-000系の先にはE5000形が連結されていました! こっちに居たんですね。「入」マークの通り架線に通電しており、トロリ線の高さは大江戸線試運転時の低い位置ではなく、浅草線と同じ高さに設定されています。E5000形が集電装置を上げていますので、運転があるとみて間違いないでしょう。

E50002499t5

西馬込駅のホームには、一般乗客用の時刻表とは別に業務用時刻表が貼り出されており、馬込車両基地から出庫してきて24:05に発車する回2499Tという回送列車があることが分かります。写真は10年前の2009年3月に撮影したものですが、この日に西馬込で見た業務用時刻表の回2499Tも同じ時刻でした。最新の運転時刻を確認し、別の駅へと移動します。

E50002499t6

ホーム上の電光掲示板に「通過」の表示が出てほどなく、回2499Tはやってきました。この日はE5002+E5001の牽引でした。

E50002499t7

牽引されていったのは12-000系12-521編成でした。浅草線の終電後に運転されるこの列車を撮ってから電車で帰宅できる人は沿線がかなり限られると思いますが、私の場合、山手線と常磐線を乗り継いで終電で帰れました。また撮ってみたい列車ですね。

なお、以前馬込車両基地での大江戸線用車両の入換を撮影しておりますので、よろしければご覧ください。(→こちら

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »