« 【くろがね線を読み解く】第292回 ■君津ふれあいまつり工場見学・日本製鉄スタッフ専用バス | トップページ | ◆鹿児島市電9500形◆9504号車京急塗装 »

2019年9月16日 (月)

◆東京メトロ◆東西線05系アルミ・リサイクルカー いまなお健在

 9月の3連休は、最終日に飯坂温泉へ行った以外は遠くへは行かず、体力の回復に努めていました。土曜日に茅場町に用事があって出かけた際、帰りに地下鉄東西線05系のアルミ・リサイクルカーに遭遇しました。

Tozai05024al

アルミ・リサイクルカーは、05系電車が導入される前に東西線で活躍していた5000系電車に使用されていたアルミニウム製部品の一部を再利用した車両です。アルミニウムは、鉱石から精錬するために大電力が必要なため、リサイクルしてもペイする金属で、日本での空き缶リサイクルの歴史もアルミ缶の方がスチール缶より長いですね。

Tozai05024al2

アルミ・リサイクルカーの前面に貼付されたロゴマーク。05系の帯色は濃淡の水色2色で構成されていますが、更新車は15000系のように濃い方の水色(空色)が紺色に変更されています。アルミ・リサイクルカーはまだ未更新ということになりますね。

Tozai05024al3

ロゴは側面の乗降扉と側窓の間にもあります。素材の元素記号を車体に記している車両は、おそらく日本で唯一ではないかと思われます。

05系は、第1~第43編成まで合計430両が製造された営団地下鉄の中でも大所帯の系列ですが、アルミ・リサイクルカーは第24編成1本のみ。またこの後に増備された第25編成以降は前面形状が大きくモデルチェンジされたため、第24編成は元祖05系の顔で最後に製造された1本でもあります。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第292回 ■君津ふれあいまつり工場見学・日本製鉄スタッフ専用バス | トップページ | ◆鹿児島市電9500形◆9504号車京急塗装 »

▽私鉄の希少車輌 2.関東甲信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【くろがね線を読み解く】第292回 ■君津ふれあいまつり工場見学・日本製鉄スタッフ専用バス | トップページ | ◆鹿児島市電9500形◆9504号車京急塗装 »