« ■JR貨物■鹿児島本線マヤ軌道検測 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第292回 ■君津ふれあいまつり工場見学・日本製鉄スタッフ専用バス »

2019年9月13日 (金)

◆相模鉄道社線内輸送◆2019年9月12000系搬入

Moya70012000_201909

 相模鉄道では、新車の搬入をオンレールで実施しています。2019年9月上旬に実施された12000系の搬入は、製造元のJTRECからJR相模線経由で厚木まで、そこからは相鉄の事業用車モヤ700形の牽引で厚木貨物線を通りかしわ台車両工場まで輸送されます。モヤ700形が走行する時刻は一定しませんが、今回はかしわ台を10時過ぎに出て厚木へ、車両を連結し11時半頃にかしわ台へ戻る時刻でした。10両編成のため、路線内有効長の関係で9月11日と13日に5両ずつ2回に分けて輸送されます(相模貨物駅で2分割)。

9000201909

相鉄沿線にはなかなか行く機会が無いので、旅客列車も見てみます。こちらは9000系です。

9000wheel201909
東急車輛製造(現JTREC横浜製作所)製の電車で、車輪の外側のディスクブレーキのある特徴的な台車を履いています。こちらは7号車ですのでサハ9600のT台車TS-908ですね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ■JR貨物■鹿児島本線マヤ軌道検測 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第292回 ■君津ふれあいまつり工場見学・日本製鉄スタッフ専用バス »

▽私鉄の希少車輌 2.関東甲信越」カテゴリの記事

コメント

社長さん、こんばんは。
元厚木市民で一時は相鉄線を使って横浜に通勤していたこともある身としては懐かしい光景です。
目久尻川の谷の向こうにはえらく威圧感のあるマンションが出来てしまいましたね。

モヤ700は甲種回送のほか時折厚木のヤードで連結作業訓練に使われていました。
厚木留置の7000系中間車群を使って連結、解放を繰り返している間に僕らのような人間が集まってすっかりギャラリーと化していました(笑)
相鉄の直角カルダンとVVVF駆動の音が入り混じると独特で9000系に至っては吊り掛け駆動に近い音と感じていました。
子供の頃は家のそばを走っていた小田急初代4000形が吊り掛けのパイオニア台車を履いていたため"外からディスクブレーキがキラキラして見える台車=吊り掛け"という偏ったイメージが刷り込まれてしまっているためかも知れませんが・・・(^ ^;)

投稿: 西宮後 | 2019年9月13日 (金) 23:28

西宮後さんこんばんは
厚木の方とは存じておりましたが相鉄を通勤利用していたのですね。
10000系以降、JR互換規格要素が増えてきて面白みが徐々に無くなりつつありますが、まだ9000系まではいかにも大手私鉄っという感じのこだわりが設計に反映されており興味深いです。
そういえば、再来週には10000系が長野総車セに甲種輸送されますね。改造でもするのでしょうか。到着後に長野総車セの黄緑スイッチャーが相鉄10000系を入れ換えると思いますが、かなりレアな組合せですよね。

投稿: 社長 | 2019年9月16日 (月) 18:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■JR貨物■鹿児島本線マヤ軌道検測 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第292回 ■君津ふれあいまつり工場見学・日本製鉄スタッフ専用バス »