« 【くろがね線を読み解く】第293回 ■M製鉄所D-652 | トップページ | ■配8592列車■EF65形2050号機にホキ800連結 »

2019年9月29日 (日)

★きらきらうえつで撮りに行く羽前水沢のスイッチャー★

 新潟-酒田間で運行されていた「快速きらきらうえつ」が、本日2019年9月29日(日)をもって運行終了したそうですね。

Kirakirauetsu485

完全な波動用車両ではなく指定券さえ購入すれば乗れたので、何度か利用したことがあります。2010年まで、焼島駅分岐の北越製紙専用側線と、羽越本線羽前水沢駅分岐の水澤化学専用側線が現役だった頃は、朝8時~9時過ぎまで焼島のスイッチャー入換を撮ったあと、新潟からきらきらうえつに乗って鶴岡へ移動し、駅前から路線バスで水澤駅口まで戻ると、羽前水沢の入換に間に合ったので、掛け持ちに大変重宝しました(笑) ちょうど良い時間に羽越本線の上りが無かったので、バスを利用していたんですね。

焼島のスイッチャーは土曜でも動きましたが、羽前水沢のスイッチャー入換は月曜~金曜のみ、土曜はJRが貨車を授受線に置いていくだけでした。いっぽう、きらきらうえつの運行日は金曜~日曜のみ。というわけで、両専用線のスイッチャー入換をきらきらうえつで掛け持ちできるのは、金曜日だけの特権でした。

時期によっては指定席が満席で取れないこともありましたが、心配は無用。4両中1両はラウンジカーでしたので、フリースペースのソファー席にふんぞり返って車掌に指定券分の料金を支払う旨を申し出れば、そのまま乗れたものです(指定席には座れませんが)。ラウンジカーは窓が大きく、お酒も販売していたので、スイッチャー撮影の合間に移動しながら日本海の美しい景色を肴に生ビールを楽しむという貴族の遊びを堪能することができました。ラウンジカーは、売店として利用する人は居ましたが、ソファーに座ってお酒を飲む人は意外と少なく、グループ席を独占できることが多かったですね。

Uzenmizusawa_20100731

羽前水沢駅の南側には陸橋があり、俯瞰撮影も可能でした。羽前水沢で貨車を増結し、新潟タへ向かう貨物列車。

Uzenmizusawa_20100429

新潟タからやってきたガレオンアース(活性白土)専用タンクコンテナ。撮影当時はタンクコンテナの美しさに魅了されましたが、いまの基準で見てみるとコキ50000形の方がレアですね。コキ50000形が最後まで残っていたのが日本海縦貫線で、廃車のための回送は新潟タなどから発送されています(→こちらの記事を参照)。コキ50000形は、表向き2018年3月17日のダイヤ改正で全廃ということになっていますが、記憶が正しければ、実際には秋田貨物-土崎-秋田港間のシャトル便にダイ改後も4月になるまで使用されていたと思います。

Uzenmizusawa_20100429a

酒田港の東北東ソー専用側線からやってきた協三工業製30tB-Bのセミセンターキャブが、貨車を引き取り荷役場所へ移動します。

Uzenmizusawa_20100429b

まずこの位置で停止し、

Uzenmizusawa_20100429c

フォークリフトで空のコンテナを貨車から降ろしていきます。

Uzenmizusawa_20100429d

降ろし終えると、

Uzenmizusawa_20100429e

スイッチャー牽引により奥へ行って、空のタンクコンテナにガレオンアース(活性白土)を積み込みます。セメントと同じシュート式ですね。

Uzenmizusawa_20110403

転用当初は東北東ソー時代のクリーム色だったスイッチャーも、その後ガレオンアース(活性白土)用タンクコンテナと同じ青色に塗装されました。

Uzenmizusawa_20100429f

社有地内に桜並木があり、4月下旬が見頃でした。写真はすべて2010年4月29日撮影(塗り替え後のスイッチャーのみ2011年4月3日)。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第293回 ■M製鉄所D-652 | トップページ | ■配8592列車■EF65形2050号機にホキ800連結 »

▼C.協三工業のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【くろがね線を読み解く】第293回 ■M製鉄所D-652 | トップページ | ■配8592列車■EF65形2050号機にホキ800連結 »