« ◆ルクセンブルク国鉄の電車◆中央駅での新旧顔合わせ(2019) | トップページ | ■出水駅前の保存SL■C56形92号機 »

2019年12月 8日 (日)

川崎貨物DB-3観察と黒磯訓練(2019)

 今年6月中旬に小島新田に行った際に塩浜機関区の近くに寄ってみると、外から面白いものが見られました。

Db31

神奈川臨海鉄道所有の入換用機関車DB-3が検査を終え、塗装も終えて最終調整中でした。DB-3は、末広町駅分岐の電機メーカーT社専用側線や浮島町駅分岐の石油元売会社T社専用側線などで構内の入換に使用されている機関車で、普段は外には出てこないスイッチャーです。

Db32

作業のため扉を開放しており、DB-3の側面を敷地外から見ることができました。昭和46年日本車輌製造製、製造番号2772です。銘板を比較的至近距離から見られるのも整備中ならではですね。

Db33

8月お盆前まで何度か不定期で観察しに行きましたが、出場することなく機関区の中に保管されていました。8月下旬に行ってみるといなくなっていたので、お盆前後に出場・回送されたのでしょうね。

Ef6627kawasaki

駅に戻りがてら、EF66形27号機が入換中でしたので、貨車を切り離して機廻り中の様子を。このまま臨海鉄道の入換を撮ろうかと思っていると、田端車両センターが不定期で実施している電気機関車の運転訓練(通称:黒磯訓練)が行われているとのことで、東十条へ向かうことにしました。

Ef81139kani27ef8195kuroiso1

牽引機は黒磯寄りがEF81形95号機、上野寄りがEF81形139号機でした。139号機は1979年日立製作所製で、上越国境越え運用を念頭に、主電動機はEF64形1000番台と同じMT52Bに変更、運転台窓上にヒサシ付きで落成しています。のちに、電車牽引(配給)のため連結器が密連・自連の双頭連結器に改造されているのが特徴で、田端に転属後もその特徴は維持されています。よく見ると、先頭の連結器が密連側になっていますね。

Ef81139kani27ef8195kuroiso2

被牽引車は以前はブルトレ客車(24系等)が使用されていましたが、現在は定期客車列車が無いため、カシオペアのE26系や、このように電源車のカヤ27が使用されることがほとんどです。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ◆ルクセンブルク国鉄の電車◆中央駅での新旧顔合わせ(2019) | トップページ | ■出水駅前の保存SL■C56形92号機 »

▼A.日車のスイッチャー」カテゴリの記事

▽国鉄・JRの珍車・名車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆ルクセンブルク国鉄の電車◆中央駅での新旧顔合わせ(2019) | トップページ | ■出水駅前の保存SL■C56形92号機 »