カテゴリー「▼くろがね線を読み解く」の251件の記事

2017年10月 8日 (日)

【くろがね線を読み解く】第251回 ■150mレール輸送新下関着後入換

 2015年3月に開始され、2016年3月に拡大された、鉄鋼メーカーN社Y製鐵所の150mレール輸送。その納品先は2017年4月現在以下の通りである。

事業者名 着駅名 車票記載の荷受人名
JR東日本 岩切駅 仙台保線技術センター
東鷲宮駅 大宮新幹線保線技術センター
越中島貨物駅 東京資材センター
JR東海 西浜松駅 浜松レールセンター
JR西日本 御着駅 姫路新幹線保線区
福山駅 福山新幹線保線区
新下関駅 新山口新幹線保線区
JR九州 各駅間(取り卸し現場) 各工務

これまで各着駅毎に入換の様子を紹介してきたが、今回最後に紹介するのが、新下関駅に隣接する新山口新幹線保線区である。

Shinshimonoseki01

2017年3月5日、この日は前日から九州入りしており西八幡のヤードで150mレールを積載した編成の車票に「新下関」の文字が記載されていることを確認していたので、翌朝8090列車の運転に合わせて新下関駅へ向かった。列車は予定通り、新下関止まりのチキ9車を含む18両編成でやってきて、

Shinshimonoseki02

中線に止まると、東京寄りの9両が北側の側線(新山口新幹線保線区へと繋がる線路)に押し込まれ切り離されて、残りの9両はそのまま御着へと向かっていった。切り離された9両がこの日保線区へと引き込まれることを期待していたのだが、15時まで待っても全く動きはなかった。

 150mレール輸送の着駅での入換は、2016年夏頃まではどの駅も到着した直後その日のうちに実施されていたのだが、各現場で目撃した知人数人からの情報によると、2016年秋頃から様子が変わり、岩切や福山では到着日に入換を実施しなくなっている(チキ車を駅構内の授受線に留置したまま翌日入換)らしいとのことであった。この新下関駅についても、同じ対応になった模様である。新下関行は本数が少ない(2016年度実績で8回のみである)ため、貴重なチャンスを無駄にした。しかし保線区の入換機関車は重連、ぜひとも再訪したい。そんな折、大変有難いことに関東在住のレール輸送ウォッチャーから、新下関行の運行情報が寄せられた。日頃からブログで情報発信をしていて良かったと思える瞬間である。

 2017年6月19日(月)、朝イチで新山口新幹線保線区の見える24時間スーパーの屋上駐車場へ再訪してみると、8:40頃に保線区のスタッフが出てきて、軌道モータカーのエンジンテストを開始した。どうやら入換がありそうで一安心である。この日は新下関駅前のホテルに前泊し、150mレールを積載したチキ9車が側線に留置されていることを確認したうえでの訪問、もうミスは許されない。

Shinshimonoseki11 Shinshimonoseki12

軌道モータカーはなかなかエンジンがかからず苦戦していたが、9:10頃になってようやく準備が整い、9:20頃にゆっくり駅に向かって進んでいった。この機関車ももうリプレイスの時期が迫っているのかもしれない。

Shinshimonoseki13

軌道モータカーは、富士重工製のTMC200Cが背中合わせの重連で使用されている。もともと保線用の機関車であるが、当保線区で取り扱うレールはすべて長さ100~200mの長尺レール・ロングレールであり、レール荷役は地上に設けられた門型クレーンで行うため、軌道モータカーが装備するクレーンは使用されない。つまり、貨車を駅から保線区まで入れ換えるための入換動車として使用されているわけである。

Shinshimonoseki14

人が歩くほどの速度で新下関駅に向かう重連機関車の横を、キハ40系5両編成が追い越して行った。首都圏色で揃った5連はキハ40マニアには堪えられない被写体と思うが、今回は150mレールの方が優先である。

Shinshimonoseki15

9:30を過ぎると、150mレール積載チキ9車を牽引して、ゆっくりと保線区へ戻ってきた。

Shinshimonoseki16

150mレールを牽引する重連機関車は他の到着駅でも見られるが、老朽機関車重連が必死にに引っ張る姿は趣がある。

Shinshimonoseki17

大量の白煙を吐き出しながら走行。

Shinshimonoseki18

ゆっくりと保線区へ向かう。

Shinshimonoseki19

門型クレーン直下の側線へ入線。このクレーン直下には、山陽新幹線新下関駅構内から分岐してきた標準軌の線路も引き込まれており、新幹線用の保線車も入ることができる。入換完了後、機関車は貨車を切り離して数メートル奥に移動したあとそのままエンジンを切ってしまったため、おそらくレールを卸した後、空車を新下関駅へ戻す際には貨車を推進して駅へ出てくるものと思われる。

●入換機関車

Shinshimonoseki31

新下関駅の新山口新幹線保線区に常駐しているのは、富士重工製TMC200C 2両である。銘板は錆びついており読取は困難を極めたが、1000ミリクラスの望遠に対応したカメラ最大ズームで撮ったところ、以下の通り判明した。

■下関寄りの機関車

  • 記号番号 :  034
  • 型   式 :  TMC200C
  • 製造番号 :  373
  • 製造年月 :  1972年(昭和47年)11月
  • 製 造 所 :  富士重工
  • 自   重 :  12.8t

■神戸寄りの機関車

  • 記号番号 :  043
  • 型   式 :  TMC200C
  • 製造番号 :  627
  • 製造年月 :  1975年(昭和50年)3月
  • 製 造 所 :  富士重工
  • 自   重 :  12.6t

ライトや台枠の色・形状に相違点はあるが、基本的なスタイルは同じである。

Shinshimonoseki32

左の下関寄りの機関車には「広島保線区」と記載されているが、右の神戸寄りの機関車には「下関地域鉄道部」と記載されており、出自が異なる。2両とも重連総括制御の機能はなく、各々の機関車に運転士が乗って操作をしている。

Shinshimonoseki33

No.034の公式側。本来黄色か山吹色だったはずだが、最近のJR西日本の保線用軌道モータカーと同じ塗装が施されている。以前紹介した、東鷲宮、福山の同型機と比べると、ラジエーターカバーのメッシュ形状が異なるが、製作時期の違いによるものだろうか。

Shinshimonoseki34

No.034の非公式側。保線区の北側は公道だが、保線区の方が1メートルほど高い位置にあるためほとんど見えない。しかし、非常用出入口の門扉から辛うじて中を撮ることができる。この場所を発見できたおかげで、No.043の銘板を記録できたのが最大の収穫であった(他に撮れる場所はない)。

Shinshimonoseki35

こちらはNo.043の非公式側。銘板は反対側にある。

●謎の保守用編成

 新山口新幹線保線区には、訪問時に謎の編成が留置されていた。Shinshimonoseki41

2軸ボギーの重連機関車に連結された、電源車らしい箱型の車両と、その後ろに連なるバラスト輸送・散布用?の車両群。

Shinshimonoseki42

2軸ボギーの機関車は、新潟トランシスTMC601と同じタイプで、JR西日本の新幹線用軌道モータカーとして急速に数を増やしている車種である。保線用途のみならばそれほど興味を惹かないのだが、実はこれとほぼ同型の機関車が、保線用ではなく車両工場の入換動車として使用されているのである。ほかでもない、JR西日本博多総合車両所と、JR北海道函館新幹線総合車両所である。前者は912形ディーゼル機関車の後継機としての導入、後者は新設拠点への新製配置である。

入換動車は、一時期北陸重機工業製の独擅場であったが、ここ数年は新潟トランシス製も台頭している(新芝浦の東芝専用側線、安中の東邦亜鉛DB301、東京総車セ)ほか、堀川工機製(後藤・下関、各総合車両所)、松山重車輌工業製(向日町レールセンター)、日本除雪機製作所製(大宮総車セOM1/2)も増えており、バラエティに富んできた。入換動車を使用する専用線の数は減る一方だが、動車の老朽化も同時に問題になっている。これまでは、余所で廃止になった専用線の入換動車を譲り受けるケースも多かったが、最近では余りモノも老朽機関車ばかりで、セコハンでリプレイスできるケースはだんだん少なくなっている。セコハン機関車に見切りをつけたのか、伯耆大山の王子製紙専用側線向け日通機や、日本製紙岩国工場のように新品を導入するケースも出始めているので、今後どのメーカーの機関車がデファクトスタンダードになるのか、興味深い。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2017年9月16日 (土)

【くろがね線を読み解く】第250回 ■日豊工臨返却(201709)

 2017年9月2日から3日にかけて、黒崎発の日豊本線方面への臨時工事列車が運行された。深夜帯に本線上でロングレールを取り卸すため、日を跨いでの運転となった。まったく事前情報が無かったので、大牟田で炭鉱電車重連を撮り終えた後、呑気に在来線でゆっくり八幡まで来たところ、ちょうど黒崎行の返空に遭遇。すぐに下車してタクシーに乗り、黒崎駅徒歩15分ほどの場所にある踏切付近に移動した。

20170903_nippo01

すると、予想通り黒崎で機回しし折り返して西八幡へと向かうロングレール工臨返空がやってきた。牽引機は、DE10 1209とDE10 1206の重連であった。2016年3月までは、ロングレールの発送拠点はレール溶接施設のある遠賀川レールセンターであったため、返却回送も遠賀川行だったが、2016年3月のダイヤ改正で遠賀川レールセンターが役目を終え、Y製鉄所から150m長尺レールが直接発送されるようになり、2017年現在では、ロングレール用の貨車編成(いわゆるロンチキ)の返却先は、西八幡(黒崎)に変更されている。

以前であれば、西八幡にJR側から貨車が到着すると速やかにY製鉄所のスイッチャーが入換を開始したものだが、現在では到着した貨車は留置されたまましばらく放置される運用に変わったので、入換は撮れない。よって、移動せずに同じ場所でDE10重連の戻りを待つことにした。

20170903_nippo02

西八幡に貨車を留置すると、20分ほどで黒崎の方へ戻ってきた。今度は1206号機が先頭である。このあと歩いて西八幡へと移動。

20170903_d618

製品倉庫付近では、ちょうどD618が50m長尺レールを積載した40t積貨車8両を入れ換えていた。動き方は以前の記事と同じで、貨車は奥に見える橋梁を渡り、Y製鉄所構内からDL推進でやってきて、右手にある東ヤードでスイッチバックし、左手にあるレール用製品倉庫へと入っていった。50mレールは、年に数回、東京貨物ターミナル行と静岡貨物行きの設定があるため、150mレール輸送が始まって以降も、まだ需要があるのだ。

なお西八幡の入換は普段は45t機のD442が担っており、今回のように60t機が使用されることはあまり多くない。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2017年9月11日 (月)

【くろがね線を読み解く】第249回 ■小倉地区D302も新塗装化

 続々と塗装変更されて出場しているY製鉄所小倉地区の機関車。先日こちらのついでに訪れると、日立製作所製D302も新塗装で活躍していた。

Kokurad30202

岸壁で長物車の入換作業中のD302。拡大してみると…

Kokurad30201

先に新塗装で出場したD301と比べ、ゴンドラ(車端部の簡易運転台)の形状やキャブ側面の社名表記の有無が異なることが分かる。またキャブ前面の窓も埋められておらず、この機関車の原型を留めている。日立製の2エンジン機は、日本国内を探してももうあまり残っておらず(そもそも日立のスイッチャーを使用している専用線が数えるほどしかない)、貴重な機関車である。日立のサプライリストから諸元を引用しておく(製造番号のみ渡辺台帳を参照)。

  • 自  重   35t
  • 車軸配置  B-B
  • 機  関   新潟鐵工所 DMH17C(180ps/1500rpm) × 2基
  • 液体変速機 新潟コンバーター DB115 × 2基
  • 最高速度  32.7km/h
  • 製造年   1969年(昭和44年)10月
  • 製造者   日立製作所
  • 製造番号  13102

D302は、先述のD301(製番13101)と同時製造・納入の姉妹機である。エンジン・液体変速機共に国鉄DD11形ディーゼル機関車の流れをくみ、1エンジン・1変速機のペアを2セット搭載する。日立製のこのサイズの2エンジン機は、液体変速機に振興造機(神鋼造機)社製の乾式単板クラッチ・TC-2を採用している例もあるが、D302には新潟コンバーター社製の汎用品である湿式多板クラッチ・DB115が採用されている。

Db115
■液体変速機DB115 1984年3月新潟コンバーター社製、シリアル番号1156248
 (
関東鉄道水海道車両基地公開時に撮影)

TC-2と、DB115のルーツであるDF115は、いずれも1950~60年代に国鉄・私鉄のDMH17系エンジンを搭載する気動車や小型機関車に採用された液体変速機で、振興造機TC-2はスウェーデンのユングストレム社(AB Ljungströms Ångturbin、現在のSvenska Rotor Maskiner AB)から、いっぽうの新潟コンバーターDF115は米国ツインディスク社(Twin Disc, Inc.)から技術供与を受けて製作されたものである。当時の日本の技術では、エンジンの国産化はできても、液体変速機まで純国産というわけにはいかなかったのである。

●最高速度には要注意

 日立のサプライリストには、各機関車毎に最高速度が記載されているのだが、これが曲者である。以前、日立製の別の複数のディーゼル機関車について調べた際に、縁あって、かつてH社でディーゼル機関車の研究に従事されていたOBの方にお願いして、それぞれの最高速度を計算していただいたことがある。その結果、カタログ値とは異なる値を示す車両が複数見つかった。本記事には一先ずカタログスペックを掲載しているが、前述の計算者によると、日立のサプライリストに掲載されている最高速度は一部怪しい値が含まれているとのことなので、参考程度ととらえたい。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2017年6月29日 (木)

【くろがね線を読み解く】第248回 ■小倉地区D301新塗装

 2020年に予定されている、Y製鉄所小倉地区の高炉・転炉休止に向け、機関車にも色々と変化が訪れているようである。 2017年に入り、従来のクリーム色と紫のツートンカラー(住友金属物流標準塗装)から、Y製鉄所標準塗装に変更された機関車が登場した。

Kokurad30101

釣り人と共に眺めていると、以前紹介した日立製作所製のディーゼル機関車D301がビレット積載長物車2両を牽引・推進して入換している様子を見ることができた。

Kokurad30102

オレンジ・クリーム色・青・黄色の4色は、弊ブログでたびたび登場しているY製鉄所戸畑地区・八幡地区で活躍する機関車の標準塗装である。両地区を結ぶくろがね線の電気機関車も、同じ塗装である。

Kokurad30103

以前の写真と比較すると、塗装変更だけでなく台枠への手摺の増設も行われており、戸畑・八幡両地区の仕様に極力合わせている様子が見て取れる。できれば、オレンジとクリーム色の境界をもう少し下にして、ボンネット上部のラインと合わせてもらえると、よりらしくなるのだが……。センスの問題かもしれない。

Kokurad301d108

夕方に別の場所から眺めてみると、仕事を終えたD301新塗装のほか、日立製作所製2軸ロッド駆動機のD108も新塗装になっているのが確認できた。今後の活躍が楽しみである。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2017年6月25日 (日)

【くろがね線を読み解く】第247回 ■第一操車場の貨車前後連結入換

 2017年のゴールデンウィーク中に戸畑第一操車場を訪れると、久々に面白い入換シーンを見ることができた。

D622wff

奥の工場からやってきた機関車が、くろがね線から到着した貨車を前後に連結し、言わば機関車が中間に挟まれた編成のまま奥へと去っていった。このような入換自体は平日を中心によく行われていて、過去に何度か見たことがある。土日はこういった入換はまずなく、進行方向に関わらず機関車が編成の先頭または最後尾に連結されるパターンがほとんどである。

このような入換方法は、むかしは専用線でも時々見られたが、最近では少なくなっている。

F35tbbf2013

日豊本線南延岡駅に連絡する化学メーカーA社専用側線では、入換手順の都合により、スイッチャーの前後に貨車を配した編成が見られる場合がある。

F35tbbf201304

この入換が行われるのに平日か土日かはあまり関係なく、もちろん時刻も決まっているわけではない。あくまでも荷役の進捗に合わせて最適な手順が選択された結果であり、事情は製鉄所の入換と変わらない。(いずれも2013年4月6日撮影) もちろん、この状態で駅に出てくることはなく、専用側線内でのみ見られるシーンである。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (2)

2017年6月20日 (火)

【くろがね線を読み解く】第246回 ■N社入換代替機D430

Tobatad430

 以前訪問した際、若竹号ことD443の車体に表記された次回全般検査が2019年5月になっていたので、重要部検査は2017年5月だろうと気になっていたのだが、今回訪問してみると、D443検査中の予備機としてD430という機関車が貸し出されていた。製造番号は読み取れなかったが、ナンバープレートのD430の文字の下には、「形式 45DD-12」の記載があった。(正確には、12の「1」の陽刻が削られて?「45DD- 2」になっていたが)

謎なのは、45DD-12形はD436~D447の12両しか導入されていない筈で、D430を名乗る機関車は本来45DD-10形の筈である。しかし上記のD430は、45DD-10形よりも全長が長く45DD-12形そのものであるように見える。ルーツの気になる機関車である。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2017年5月17日 (水)

【くろがね線を読み解く】第245回 ■静岡貨物行50mレール輸送列車9870レ

 2017年5月14日日曜日、黒崎駅を発車した170列車はチキ車21両編成で、その内訳は、御着行150mレール28本積載9両+静岡貨物行50mレール28本積載3両+西浜松行150mレール28本積載9両であった。鉄道ピクトリアル2016年6月号の拙稿にて言及したとおり、静岡貨物行の列車は、西浜松で牽引機がDE10形ディーゼル機関車に交換され、8090列車と同じ時刻に9870列車として運行される。

De101165_chiki5500x3_20170515
■広島更新色のDE10 1165が牽引する9870レ  2017年5月15日、西浜松-静岡貨物

これは、静岡貨物駅構内で50mレールを荷卸しする静岡保線区が東海道新幹線の北側にあり、南側にある静岡貨物から保線区へ向かう際に非電化の地下連絡線を経由しなければならないためである。静岡貨物は以前紹介したようにE&S荷役対応駅で入換用ディーゼル機関車の配置はない。このため、非電化区間で入換を行うには、西浜松で牽引機を愛知機関区所属のDE10形に交換し、本線牽引させて静岡貨物到着後に入換もやらせるしかないのである(軌道モータカーはATSを装備していないから静岡貨物構内までチキ車を受け取りに来ることはできないし、そもそも地下連絡線の勾配での牽引力不足の問題もある)。

Shizuokachiki5500x3_hyo
■2017年5月14日に黒崎を発った170レの静岡貨物行車票。

西浜松→静岡貨物間で運行される9870列車は、まだ50mレール輸送列車しか運行されていなかった2014年以前から存在する(→こちらの記事を参照)が、年に数本しか運行されない珍しい列車である。2015年度は4回(黒崎発2015/6/14、2015/8/2、2015/10/4、2016/3/6)、2016年度は3回(黒崎発2016/4/10、2016/6/26、2016/10/23)しか運行実績が無い。

【参考】

  • 「続 産業用機関車を追い求めて 2」、鉄道ピクトリアル2016年6月号、電気車研究会。
  • 「続 産業用機関車を追い求めて 3」、鉄道ピクトリアル2017年6月号、電気車研究会。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2017年5月16日 (火)

【くろがね線を読み解く】第244回■N社の新型機関車

 2016年より、N社で北陸重機工業製の新型機関車D4501が運行を開始した。外観は、Y製鉄所小倉地区向けの45トン機D-507にも似たセンターキャブ型ながら、ラジエーター通気口がボンネット側面ではなく妻面に設けられており、同型とは言い難い。

D4501

今後このスタイルの機関車が増えるのか、はたまた1両のみの存在になるのか、興味は尽きない。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

2017年3月13日 (月)

【くろがね線を読み解く】第243回 ■レール臨貨8159列車

Ed761019_150m8159
■8159レとして単機で黒崎到着後、西八幡から150mレール積載チキ車を牽引してきたED76 1019 2017年3月4日

 2015年3月のダイヤ改正で登場した、レール輸送臨時貨物列車8159列車。北九州貨物ターミナルから黒崎まで、150mレール輸送に使用された空車の貨車を返却する列車である。黒崎からは、コンテナ貨物列車150列車を牽引して北九州タへ戻る。

いっぽう、この列車は上写真の通り、レール発送前入換にも使用されている。北九州貨物ターミナルから黒崎にやってきた機関車(貨車を伴う場合は8159列車、単機の場合は151列車として回送)は、黒崎から西八幡へ向かい、150mレールを積んだチキ車を牽引して黒崎へと戻ってくる。150mレールが発送されるのはこの入換の翌日なので、黒崎でチキ車を切り離すと、所定通りコンテナ貨物列車150列車を牽引して北九州タへ戻っていく。

150mレールを積んだ貨車の西八幡から黒崎への出場入換は、チキ車が9両編成の場合、発送日の朝の171列車→170列車の間に実施される(牽引機はEH500形所定)。しかしチキ車が18両編成の場合は、発送前日夕方の8159列車→150列車の間にまず9両引き出され、発送当日朝の171列車→170列車の間で残りの9両が引き出される。したがって、上写真の入換は、チキ車が18両以上の編成で発送される日の前日にしか見ることはできない。

Ef81304_150m8159
■8159レ黒崎到着後入換で西八幡へ150mレール返空チキ車を牽引してきたEF81 304 2015年8月28日

 8159列車は、EF81形やED76形が充当されることもあるため、注目の列車である。

※2016年3月改正ダイヤまでは、EH500形所定でEF81形やED76形による代走も時折見られたが、2017年3月改正ダイヤでED76形所定に変更されているので、要注意。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2017年3月10日 (金)

【くろがね線を読み解く】第242回 ■E8502牽引の常態化

201703_e8502_d705
■戸畑第一操車場を発車するくろがね線の列車。
 牽引機は85ED-1形電気機関車E8502、
 後方の緩急車は70DD-3形ディーゼル機関車D705. 
2017年3月、北九州市。

 2017年3月上旬、およそ半年ぶりに戸畑・八幡を訪れた。くろがね線の貨車牽引に使用される電気機関車は、もう長いことE8502に固定されている。以前の記事で紹介したE8501は、折角塗色変更されたにもかかわらず、ここ数か月間ほとんど使用されていないようだ。今後、E8502が全般検査に入る際は、ディーゼル機関車によるプッシュ・プル運転が見られると思われるが、E8501の去就にも注目である。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧