カテゴリー「▽JRの珍車・名車」の173件の記事

2019年10月18日 (金)

■下関区EF65形■由宇工臨(2013)

Yuukohrin_ef65113120130321

 2013年3月下旬にJFE専用鉄道撮影のため広島県を訪ねた際、東福山にレールを乗せたJR西日本所有のチキ5200形10両編成が停車していました。JR西日本のレール輸送の臨時工事列車の時刻は全く知りませんが、情報では夕方下関方面へ下るとのことでしたので、夕方順光になる駅まで先回りして、なんとか撮ることができました。貨車の特大貨物検査票には、由宇行き25mレール・20mレールを積載している旨が記載されていました。牽引機のEF65形1131号機は健在ですが、テールライトレンズがまだ赤い時代ですね。

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木)

■しなの鉄道115系■しなの鉄道カラーと浅間山

Shinano115asamang

115系は好きな電車の一つでこれまでにもよく撮影してきました。しなの鉄道に国鉄・JR時代の復刻色が登場して以降は、全カラー山バックと編成を撮っているのですが、浅間山にだけはなぜが嫌われていて、昨年夏もこんな具合。浅間山に入道雲大噴火状態。通過したあとで気づきましたが、電車にヘッドマークが付いていたんですね。それならもっと至近距離で編成を撮っておけばよかったです。

2018年8月14日撮影。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

■DD16+旧型客車■飯山線開業90周年号

 2019年10月4日、相模鉄道10000系電車の長津田-長野間甲種輸送列車の長野総合車両センター到着を撮ったあと湯田中温泉に泊まり、翌日は飯山線開業90周年号を撮りました。

Iiyama_dd163b20191005

土地勘が無いのでGoogleストリートビューで適当に駅から歩いて行ける範囲の中から探しました。現地へ着いてみると、先着の方が綺麗に撮れるように準備していらしたため、大変有難かったです。編成は、長岡寄りから順にDD16 11+スハフ42 2173+オハ47 2266+スハフ42 2234でした。DD16形ディーゼル機関車と旧型客車の組合せは以前小海線や中央本線で撮っていますので、追いかけはせず、長野総合車両センター公開イベントへと向かいました。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

■キハ261系■スーパーとかち追分駅入線

K261oiwake

 先月、格安航空券のタイミングに合わせて渡道した際、追分駅で少し時間が取れたので、旅客列車を撮りました。道の駅あびらD51ステーションから、移転前の安平町鉄道資料館の跡地に向かうルート上に陸橋があり、石勝線と室蘭本線を俯瞰できます。スーパーとかち用キハ261系1000番台は、2015年から塗装変更が進んでいます。むかし苗穂駅の近くでたまたま一緒に写真を撮った地元の高校生は、このカラーリングを「ブーメランパンツ」と呼んでいました(苦笑) あまり有難くないニックネームですね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年9月23日 (月)

■氷見線全線開業100周年■記念ヘッドマーク付列車を城端線で捕獲

Himi100ans20100915

 二塚の中越パルプ専用側線の写真を整理していたら、こんなのを見つけました。2012年9月15日に撮影した、氷見線全線開業100周年記念ヘッドマーク付キハ40系です。氷見線ではなく城端線で撮りました(笑) 奥は建設中の北陸新幹線で右手が新高岡駅予定地ですね。撮ったのを全く覚えていませんでした。歳ですかね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年9月19日 (木)

■キハ183形0番台の行く末■

 北海道の気動車の代名詞といえば、私の世代ですとやはりキハ183系、それも石勝線開業に合わせて登場した0番台です。

20141006_kiha1830a
■キハ183-209先頭の特急オホーツク札幌行。列車毎の定員を揃えるためスラントノーズの0番台は札幌寄りで統一。  2014年10月6日、苗穂。

北海道では専用線や貨物列車がメインで、たまに寝台列車や路面電車を撮るのがせいぜいです。乗る方は良く乗るのですが。2014年10月に711系電車さよなら運転に合わせて渡道した際、運転2日目の6日にキハ183系の特急オホーツクに遭遇しました。先頭が0番台です。カラーリングはラベンダー色に変わっていますが塗り分けデザインは登場時とほとんど変わりません。橋上駅舎化前の苗穂駅がいまとなっては懐かしいですね。

20161127_kiha1830b
■キハ183-213先頭の札幌行オホーツク。    2016年11月27日、岩見沢。

こちらは別編成。オホーツク用のキハ183形0番台(208~215)は、編成中のグリーン車キロハ182に車掌室があるため、車販準備室付に改造されています。

20161127_kiha1830c
■特急サロベツ稚内行3両編成。0番台は札幌寄りのキハ183-220のみ。  2016年11月27日、江別。

こちらは同じ日に撮った特急サロベツの後追い。サロベツ用のキハ183形0番台(218~220)は、後位側に車掌室を設けています。

20110813_kiha1830d
■旭山動物園号のキハ183系0番台4両編成。写真はホッキョクグマ号のキハ183-3。 2011年8月13日、旭川。

こちらは8年前の夏休みに列車待ちの間に撮った旭山動物園号。外観のみならず内装も楽しい車両でしたね。

20190909_kiha1830e
■陣屋町貨物駅に留置されている車両群。183系はキハ183-208ほか。     2019年9月9日

引退後、一部が船による搬出のため2017年5月19日に陣屋町駅に到着しました(JR貨物DF200形ディーゼル機関車牽引による苗穂発陣屋町行の甲種鉄道車輌輸送扱い)。以来2年以上経過しますが、いまだに線路上に留置されたままです。これまで北海道へ行く機会が少なかったとは言え、こんな写真しか残っておらず、普段旅客列車をちゃんと撮っていないのがバレバレですね(苦笑)

20190909_kiha1830f
■安平町で静態保存中のキハ183-214。公開時は車内や運転台の見学ができることも。  2019年9月8日

最後に、道の駅あびらD51ステーションに静態保存された、キハ183-214(元キハ183-14)を紹介します。貴重なキハ183形0番台の保存車です。車番が200番台なのは、1992年に特急オホーツク夜行便への寝台車組み込みに伴い編成出力の増強が必要になり、エンジンが換装されたためです(220ps→420ps)。静態保存のための塗装変更等の工事を苗穂工場で実施しましたがナンバーの原番号への復元は行われていません。この施設は新千歳空港からも近く、追分駅徒歩15分で足の便も良いですね。施設自体が出来たばかりなので綺麗に整備され維持管理されています。D51 320やスイッチャーなど、他の保存車については、また別の機会に紹介する予定です。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年9月18日 (水)

■伯備線貨物列車用EF64形0番台■

 休日も動く専用線は、それが多少遠方であっても、割安な移動手段が確保できるときは土日を利用して訪ねることがあります。伯備線伯耆大山駅がまさにそんな存在でした。フィルムカメラからデジカメに移行して以来、たとえジャンル的に関心は薄くても撮れるものは撮る雑食系を自負しております。したがって下調べしなくても旅先で簡単に撮れるものは、極力撮るようにしています。

20120331_ef6472kurashiki

こちらはいまから7年半前、2012年3月31日夕方に倉敷駅伯備線ホームで撮影した貨物列車。EF64形0番台72号機が牽引してきました。この当時はまだ伯備線ではロクヨンゼロが活躍していましたね。

20120401_ef6472yonago

翌朝4月1日、伯耆大山の専用線では当時は朝7時と8時に駅までスイッチャーが出てきていたので朝イチで撮影し、その後9時過ぎから入換の始まる米子貨物へ移動しました。途中米子駅で留置機関車に遭遇。2019年現在では米子貨物も廃止され、EF64は伯耆大山の引上線に留置(および貨物駅の入換にも使用)されていますが、この当時は米子駅側線留置が基本でしたね。

20120401_ef6467yonago

近くにいたこちらEF64形67号機は、広島更新色JRマーク無し、といういでたち。ありふれた日常でもその場で価値を判断せずに撮れるものは撮っていると、後になって付加価値が付くという典型ですね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年9月10日 (火)

■JR貨物■鹿児島本線マヤ軌道検測

20190321maya01
■博多臨港線を検測後、北九州タへ回送される軌道検測車 EF81 403+マヤ34 2009 2019年3月21日、千早(操)-浜小倉

 2019年3月20日深夜から21日早朝にかけて、JR貨物博多臨港線で、JR九州の軌道検測車マヤ34を使用した検測が実施されました。JR九州とJR貨物のマヤの引き渡し、受け取りは北九州貨物ターミナルで実施され、ダイヤは以下の通りでした。

 回9153レ 北九州タ22:34 → 千早(操)23:59
 9155レ 千早(操)2:03 → 福岡タ   2:11
 回9156レ 福岡タ  5:50 → 東小倉   7:10
 回9158レ 東小倉  9:42 → 北九州タ  9:47

20190321maya02

ローズピンクのEF81形電気機関車が青い客車を牽引するのを九州で見たのは、しばらくぶりですね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年9月 7日 (土)

★JR九州★鹿児島車両センターのスイッチャー(2019)

 2019年8月のお盆休みは、鹿児島墓参りを兼ねて和歌山、呉、小倉、宮崎を鉄道で巡りました(復路は航空機)。お盆期間は貨物列車(専用線含む)は大半が運休しますし車両工場も休業日のため、旅客列車を狙うか、または24時間365日止まらない鉄道を被写体にするしかありません。しかし、今年の鹿児島車両センターは意外や意外、お盆休み真っ只中の8月14日から16日まで3日間とも操業日で、工場内では車両の検査に勤しむ多くの従業員の姿が見受けられました。もちろん、検査車両の工場建屋内への移動や検査終了後の引き出しはスイッチャーによって行われるので、3日間ともスイッチャーが動きました。午前中は9時前後~10時半頃まで、午後は14時半~15時半頃に動くことが多かったです。

Kagoshimakg20190821

鹿児島車両センターのスイッチャーがその日に動くかどうかを知るには、スイッチャーが屋外に出ている以外に、上のようにアントに連結された電車や気動車が屋根下に居て、周辺で従業員が働いているかどうかも目安です。入換対象が気動車の場合は、スイッチャーは気動車整備室(エンジンテストなどを行う)に気動車を押し込んだまま、一緒に建屋内にいることもあります。

Kagoshimakg20190801

検査が終わった車両は、アントによってスイッチャーが引き出せる位置まで移動します。

Kagoshimakg20190802

奥にDE10 1755が見えますが、その1本右のキハ200の乗っている線路の先が、スイッチャーの定位置です。普段入場車両がおらず入換も無い時は、その場所にいることが多いです。スイッチャーが検査や故障で使用できない時は、DE10 1755が代わりに入換を行います。

Kagoshimakg20190843

気動車整備室の前に留置中のDE10 1755。撮影は10年前のとある日曜日ですが、この状態ならば平日になると入換で動く可能性が高いですね。

Kagoshimakg20190822

 さて、お盆中の8月14日午後に見てみると、スイッチャーは気動車整備室にキハ47と一緒に居ましたが、15時半頃になると単機で外に出てきました。鹿児島車両センターの工場区画(旧鹿児島工場→旧鹿児島車両所)では、西側から順に鹿児島本線上下線・指宿枕崎線・鹿児島車両センター入出庫線の計4本の線路が並び、フェンスを挟んで東側にスイッチャーの走行する線路があるため、スイッチャーはほぼ常時フェンス越しにしか撮れません。一部、このように幅6~7mほどフェンスの途切れている部分があります。

Kagoshimakg20190823

鹿児島中央駅側に行くと、ポイントが切り替わり、アントに押し出された817系のもとへ向かいました。

Kagoshimakg20190824

817系を牽引して陸橋を潜り、中央駅側の引上げ線へ入線します。

Kagoshimakg20190825

再びポイントを切り替え、最終調整をする建屋へ押し込みます。

Kagoshimakg20190826

奥の建屋で調整を済ませた電車は自力で鹿児島車両センターの運転所区画(旧鹿児島運転所)まで移動しますので、スイッチャー入換はこれで終わりです。

Kagoshimakg20190828

連日入換作業が予定されている場合の定位置に戻ります。こちらですね。数日間以上入換が無い場合は、旧EL整備室内(DE10 1755の隣の線路)に戻っていることが多いです。

Kagoshimakg20190829

スイッチャーの形態分類や製造年、製造番号は以前の記事で紹介しましたが、機械番号はこの通り06-28-01-001です。

■鹿児島車両センターを俯瞰

Kagoshimakg20190841

 鹿児島運転所縮小後、跡地は駐車場やマンションに転用されているのですが、その一部にいつの間にか立体駐車場ができていることに気づきました。JR九州の社有地、社宅、マンションや住民用の駐車場に侵入するわけにはいきませんが、ここは一般利用者向けの有料駐車場ですので、問題ないですね。運転所全体を俯瞰することができます。

Kagoshimakg20190842

東側には、転車台も残されています。以前は片運転台の気動車の方向転換に使用されていましたが、2019年現在はどうでしょうか。レールは光っていましたので、稀に使用することがあるのかもしれません。

●桜島とスイッチャー

Kagoshimakg20190808

 鹿児島で鉄道写真を撮る際に一度はテーマにするのが、桜島とのツーショットです。これまで、鹿児島運転所や鹿児島貨物ターミナル市電などで桜島とのツーショットを試みてきました。さすがにスイッチャーは走行範囲がかなり限定されるので無理だろうと思っていましたが、意外や意外、1箇所だけ見つけました。晴れていて良かったです。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年9月 3日 (火)

■終焉間近のEF65 501■酒田工臨に充当

 今日は都合により午前半休を取っていたので、出勤途中で下車し、終焉が近いと囁かれる高崎車両センター所属EF65形501号機の牽引する酒田工臨を見に行きました。新津工臨と同じ時刻に来ましたので、高崎までのスジは同じでしょうか。

Ef6550120190903_sakatakohrin

運ぶレールは150mレールでしたので、ロングレール用チキ5500形の編成は、通常200mレールを運ぶ際の13両より短い10両編成でした。

Ef6550120190903_sakatakohrins

金町で新金線に入線待ちのP型初号機。JRの機関車はあまり真剣に撮っていないので、前回撮影の写真くらいしか記録にないですね。車体表面はピカピカですが、今月中に土崎に配給され廃車になってしまうのでしょうか。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧