カテゴリー「▽JRの珍車・名車」の137件の記事

2018年8月15日 (水)

◆阿武隈急行A417系◆国鉄色の留置とさよなら運転回顧

 2018年8月5日、前日に毎年恒例の君津製鉄所公開に参加し、新京成電鉄N800形甲種輸送を撮影した翌日となる日曜日は、福島の阿武隈急行を訪ねました。当初は、栗原市のくりでん乗車会(DB10形ディーゼル機関車が無蓋貨車に来場者を乗せて5往復走行するイベント)に参加するつもりだったのですが、朝自宅を出て電車で移動中にスマホで当地の天気予報を確認すると、午後から雨になってしまったので、急遽行先を変更することにしたのです。東京から福島往復ならば青春18きっぷ利用も現実的ですし、毎月第1日曜日は阿武隈急行全線フリーきっぷ¥600-の販売日ですので、コスト削減にもなります(笑)

阿武隈急行を訪ねようと思ったきっかけは、今年7月1日の「あぶ急全線開業30周年 大感謝まつり」に合わせ、2016年に引退したA417系3両編成のうちの1両、元国鉄クハ416-1を国鉄色に復元するというファン感涙の企画があったためです。その日は残念ながら参加することができませんでしたので、その後どうなっているのか様子だけでも見てみようと思いました。

180805a417yana01

イベント前に3両編成のうちの展示されなかった2両(元クモハ417-1+モハ416-1)は丸森駅の保線用の側線(バラスト積込時に使用される)に移動、留置されていましたが、8月5日に私が訪問した際は、梁川の車両基地の中に元通り3両編成を組んで留置されていました。福島駅からあぶ急に乗って移動したので、丸森まで行く手前でこの編成を車窓から発見し、無駄足を踏まずに済みました。

180805a417yana02

AT418-1こと、元クハ416-1。側面行先方向幕に「仙台」を表示し、色調も忠実でなかなか良い雰囲気です。

180805a417yana03

農道みたいな未舗装の通路から近付いていくと、もっとよく見えました。記号番号の車体表記のフォントが国鉄の書体ではないなど、近づけば色々ありますが、こんな企画を実現してくれる阿武隈急行、大好きです。

180805a417yana04

途中から道路はコンクリート舗装に変わり、縁を通っていくと、良く見えました。以前阿武隈急行への直通運用もあった455系は東北地域本社色(グリーンライナー色)のイメージが強いのですが、417系はJRになった後も暫くはこの色に白のJRマークを付けて走っていましたので、私にとっては国鉄色のイメージが強いです。

180805a417yana05

そういえば阿武隈急行の形式付番ルールは独特ですね。日本車輌製造に自社発注した8100系のMc車はAM8100、T’c車はAT8100というのはまだ分かるのですが、JR東日本から譲り受けた417系は、クモハ417+モハ416のMM’ユニットがAM417-1+AM417-2なのはまだいいとして、なぜクハ416がAT41-1なのか。8100系の付番ルール通り偶数向きを区別しないというのであれば、AT417-1ならまだ分かるのですが、なぜ「418」?

180805a417yana06

国鉄417系は3両編成5本すべてが日立製作所笠戸工場製で、落成後は下松駅から仙台運転所まで自力走行(回送)しています。交直両用電車でありながら直流区間を走行したのはその時だけで、モハ416形の屋上にある交直切替器も、仙台に来てからは工場内での試験以外で動いたことはないのではないでしょうか。

180805a417yana07

角度を変えると、線路をオーバークロスする歩道付きの道路から眺めることもできました。

180805a417yana08

並行する線路際の道からは逆側も。AM417-1は既に前部・後部標識灯やジャンパ連結器などが取り外されております。

180805a417yana09

工場の一部が外から見え、イベント時に展示されたエメラルドグリーンの古い軌道モータカー(TMC200B?)も少し見えました。

●A417系さよなら運転(2016年5月28日)

2016年5月28日、A417系のさよなら運転が行われました。当日は、朝一で仙台臨海鉄道のレール輸送列車(不定期運転)を撮影後、陸前山王駅で車票を記録し、東北本線を南下して槻木からあぶ急の最初の撮影ポイントへと向かいました。

160528a417lastrun01

さよなら運転では、A417系は車庫のある梁川から槻木まで北上し、折り返して福島へ、再び折り返して梁川までの全線1往復のみの運転でしたので、自分の移動に使う列車のダイヤと撮影候補地を事前に入念にチェックして臨みました。まずは槻木行きから。この場所はあぶくま駅徒歩10分といったところ、国鉄線として計画された際に信号場を設ける予定だったのか、この区間数百メートルだけ複線分の用地が確保されており、渓谷でありながら線路の手前にスペースがありうまく撮れました。続いて新田-仁井田へ移動します。

160528a417lastrun02

この区間は、午後になれば正面寄り・側面寄り・俯瞰なんでもいけそうでしたので、まずは福島行きを水鏡で。あぶ急車両のカラースキームの秀逸なところは、空の水色、山の深緑に自然に溶け込むところですね。色の組合せは伊豆急100系にも近いですが、クリーム色を主体として帯を細くすることでスッキリと仕上がっています。ストライプは1980年代の流行りで、国鉄185系やバブル期に登場したジョイフルトレインにもよく見られたデザインです。あぶ急がこのデザインを最初に採用したのは自社発注車の8100系ですが、登場したのは全線電化開業の1988年、まさにバブル全盛期でした。

160528a417lastrun03_2

最後の梁川行きは俯瞰で。5月下旬の福島は、想像した以上に暑かったですが、阿武隈急行の沿線景色を存分に楽しませていただきました。東北本線福島-仙台間にある25‰の急勾配を避けるためにバイパスとして計画された路線だけに、羽越本線や磐越西線にも似た国鉄の電化された亜幹線の雰囲気が強烈に感じられますし、またやってくる車両も、この417系や、国鉄713系をベースにワンマン運転・耐寒仕様に設計変更した8100系となれば、国鉄形車両が好きなファンは一度は訪ねてみる価値ありますね。A417系がもう営業運転することはありませんが、8100系の方も、JR東日本E721系ベースの後継系列AB900系によって置き換えられることが発表されています。この機会に、8100系の編成1本を国鉄色に塗装して走らせたら、少しは集客になるのではと思うのですがいかがでしょうか。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2018年7月30日 (月)

■東邦号事故車■越谷タに留置中のトキ25000

 2018年7月4日、泉(小名浜)発安中行の貨物列車が武蔵野線内を走行中、越谷レイクタウン駅にて無蓋車トキ25000-6のカバーが脱落し、対向列車に接触する事故がありました。この影響で、翌日以降の安中行は無蓋車無しのタンク車のみの編成で運行されています(7月21日現在は、工場の定期修理のため運休中)。

事故を起こしたトキ25000-6がどうなったのか気になっていましたが、当日中に最寄りの貨物駅である越谷貨物ターミナル(以下、越谷タ)へ移動され、側線に留置されていました。

180714_toki25000601

7月に見に行った際は、北側から2本目の側線に6両編成ごと留置されていました。奥から2両目のカバーが無いのが当該です。脱落したカバーは、一旦旅客ホーム上に移動した後、ガスバーナーで切断して解体処分したそうです。

180714_toki25000602

近づいてみると、側道から見えました。

180714_toki25000603

事故車のトキ25000-6です。

180714_toki25000604

積荷は亜鉛精鉱で、ボリビアのサンクリストバル鉱山から輸入されたものでした。サンクリストバル鉱山は、住友商事の100%子会社により運営され、日本にとっては亜鉛の重要な供給地です。ボリビアは、ブラジルやアルゼンチンなどと並び、沖縄出身の日系人が多く住んでいることでも有名ですね。

余談ですが、私が数年前に訪れた新橋のバーに、ボリビア出身の若い女性バーテンダーがいました。外見は日本人そのもので、訛りの無い完璧な標準語を話すので、出身地を尋ねたら、ボリビアだった、というわけです。本業は日本企業に勤めるSEで、小遣い稼ぎに夜だけバーテンダーもやっているとか。実家に帰るには、日本からボリビアへの直行便が無いので、米国、ブラジルを経由しないと帰れないので24時間以上かかるらしいです。大変ですね。実家に住む祖父は沖縄出身とのことでした。

180714_toki25000605

さて、8月お盆明けまでは元々工場が定期修理のため安中貨物は運休ですので問題ありませんが、下旬に入り工場が操業を開始した際、トキ25000の処遇がどうなるのか気になりますね。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2018年7月24日 (火)

■武蔵野線沿線の話題■酷暑の国鉄色PF祭り2018

 先日、午前中の用事を済ませ、14時頃からJR武蔵野線及びその沿線に赴きました。朝から活動していれば、沼津駅の明電舎専用側線の入換や、EF81 80牽引のいわき行きレール工臨返却、EF81 81牽引のキヤE193系配給などが撮れたかもしれませんが、まぁ仕方ありませんね。

011807_ef652065

日向の気温が40℃を超える酷暑の中、14:30頃に大宮操に向かうと、大宮総合車両センターに検査入場するEH500形15号機を牽引するEF65形2065号機の姿が見えました。最近少しずつ数を増やしている国鉄色ですね。14:40頃、大宮に向けて発車したので、早速記録 (一応、大宮操は武蔵野貨物線と東北貨物線の線路が合流する停車場ですので、武蔵野線沿線としました)

021807_ef651102

その数本東側の線路には、午前中に越中島貨物から発送されたレール積載長物車12両編成を牽引するEF65形1102号機の姿が。この日2両目の国鉄色PFです。こちらも14:50過ぎに発車していきました。このレール輸送用臨時工事列車は通称新津工臨で、内訳は機関車次位より順に以下の通りでした。

  • 上沼垂行き2両 … 60K 25mレール×19本
  • 上沼垂行き2両 … 50N 25mレール×41本
  • 野沢行き2両  … 50N 25mレール×46本
  • 吉田行き2両  … 50N 25mレール×46本
  • 東三条行き2両 … 50N 25mレール×26本
  • 浦佐行き2両  … 50N 25mレール×39本

031807_ef641030

すぐに大宮側に移動すると、EF64形1030号機が川越・八高線用205系4両編成×2本を牽引してお目見え。205系は、南古谷の川越車両センターから川越線・武蔵野線・中央本線・篠ノ井線を経由して長野総合車両センターまで配給されます。205系の集電装置が取り外されているので、廃車でしょう。

041807_205haex2

このハエ81・83編成が、川越車両センターに所属していた最後の205系でした。今回の長総送りにより、川越線・八高線から205系が姿を消したことになります。

051807_e231mato

さて今度は場所を移動し東浦和へ。この日は、先述の長総から逆に松戸車両センターに向けてE231系の自力出場回送もありました。ハエ81・83の配給とは全く逆のルートで、武蔵野線南流山から馬橋経由で松戸まで向かいます。

061807_ef641018

反対側に移動すると、EF64形1018号機の牽引する貨物列車が来ました。臨海工業地帯からの荷を運んでいるだけあって、化学品が多いですね。

071807_ef2007

続いて隅田川発北長野行の89列車。常磐線から武蔵野線へ入り、越谷タで荷を拾っていくのが特徴で、10年ほど前はEF64形0番台重連による牽引でしたが、これが1000番台重連に変わり、現在はEH200形です。

081807_ef652066

再び反対側へ。倉賀野から京葉臨海鉄道へ向かう石油貨物(空車返却)。2018年現在は国鉄色に復したEF65形2066号機が牽引します。

091807_ef652074

10分後に続行で隅田川行きのコンテナ貨物列車。こちらも国鉄色の2074号機。国鉄色によるオールレンジ攻撃が続きます。

101807_ef652067

三郷に移動して隅田川→東京タのシャトル上りも国鉄色2067号機。JR貨物では、EF65形1000番台の更新工事が一通り完了したことから、更新機と未更新機を区別する必要が無くなったため、今後検査を受けるEF65形1000番台は順次国鉄色にしていく方針のようです。西船橋へ移動し、

111807_ef652117

総武線にて今度は2117号機とご対面。まだ国鉄色はそれほど多いわけではないので、さすがにここから先は更新色になります。

121807_ef652090

最後のPFは、総武緩行線の本数が増えるラッシュ時間帯ということもあり見事に被ってしまいましたが、咄嗟に立ち位置を変えてなんとか機関車だけは救いました。2090号機。14:40から18:40までの4時間で、EF65PFを7両撮れ、うち5両が国鉄色。なかなかの収穫でした。現存するJR貨物のEF65形電気機関車PF型。廃車が先か、それとも検査を受けて国鉄色へ変更されるのか、注目ですね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2018年7月22日 (日)

■新金線の話題■EF8181レール工臨返却と宴貨物線ツアー

 先日土曜日、歯医者へ行くついでに新金線で列車を二本撮ってきました。

2018_ef8181rail

一本目は、高崎操行き臨時工事列車の空車返却便。数年前にお召し塗装風に復元されたEF81形81号機が牽引しました。EF8181は、現塗装のカシオペア牽引のほか北斗星塗装時代に工臨も撮影しています。

2018_utage

そしておよそ1時間半後にやってきた、485系電車「宴」。貨物線を巡るツアーとして、この日は上野→松戸→田端信→大宮→南古谷→大宮→武蔵浦和→南流山→馬橋→金町→新小岩信→津田沼→両国、というルートを走行しました。いくつか私用があり趣味活動できる時間は僅かでしたが、長閑な新金線の雰囲気は出たので良かったです。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2018年7月 5日 (木)

■糸魚川の保存車■キハ52 156

※本記事は2018年6月1日に作成し、7月5日付で自動投稿しております。

 JR糸魚川駅1Fにある糸魚川ジオステーション ジオパルには、かつて大糸線で使用されていたキハ52 156が静態保存され、待合室として開放されています。そして年に数回、移設保存された赤レンガ機関庫から顔を出して屋外展示されています。

Kiha52170910

大糸線でのさよなら運転時は首都圏色でしたが、松任工場で保存された後この地へ移設されるのに合わせて一般色に塗り替えられました。なお建屋への出し入れはアント車両移動機で行われますので、自走はしません。

Kiha52170910002

こちらが当該のアント車両移動機。

Kiha52170910003

その銘板。

Kiha52170910004

ご丁寧に図面まであります。ご興味のある方はぜひ現地に足を運ばれて隅々まで観察してみてください。大規模火災からの復興のため、地元商店での消費や宿泊もよろしくお願いします。

2017年9月撮影。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2018年5月18日 (金)

★140万アクセス突破★E351系とスイッチャーの邂逅

 貨物駅に配置された、車籍を持たない車両入換用の小型機関車、入換動車が本線上を走行することで有名な、JR中央本線竜王駅。

Superazusa351kylg20b062801147
■本線上で上りスーパーあずさ号とすれ違う入換動車。  2018年2月10日、中央本線竜王駅付近

正午過ぎの入換では、先般のダイヤ改正で引退したE351系スーパーあずさ号と入換動車が本線上ですれ違うダイナミックなシーンも見られました。この擦れ違いのタイミングは結構デリケートで、定刻よりプラスマイナス5秒以上ずれるとすれ違う場所が数十メートル単位で変わってしまうため、撮影に失敗します。なかなか挑戦し甲斐のあるシーンでした。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2018年4月25日 (水)

【くろがね線を読み解く】第268回 ■単151レ着後150mレールチキ入換

 2018年4月1日、3月ダイヤ改正後初めて、黒崎発の150mレール輸送列車(170列車→8090列車)が18両以上の長編成で運行された。私がダイヤ改正の度に注目しているのは、170列車発送前日の夕方に実施される、単151列車到着後入換である。この入換で、150mレールを積んだ長物車が西八幡から黒崎まで連れてこられるのだが、発送があるからと言って毎回運転されるわけではない。以前の記事でも言及している通り、170列車が18両以上で発送される場合の、発送日の前日という条件付きである。4月1日に発送される長物車のうち9両を、前日3月31日のうちに黒崎まで持ってくるのである。

151re

北九州タ(門司機関区)からやってくる単151列車は、2017年3月のダイヤ改正でED76形所定になった。今回のダイヤ改正でも貨物時刻表ではED76形指定になっており、一応改正後の初回は所定通りであった(1019号機)が、去る4月21日はEH500形が西浜松行長物車12両を牽引しているので、結構差し替えはあるのかもしれない。

151rego

16:45頃に黒崎に到着した単151レは、16:59頃に西八幡に向けて入換扱いで発車し、

151rego2

17:25頃に長物車を引き連れて西八幡から黒崎へ戻ってきた。入換時刻は日によってまちまちである。

151rego3

黒崎に到着したED76は、翌日発送する長物車を側線に切り離すと、三菱ケミカルから出場したコンテナ車を牽引して150レとして北九州タへ戻っていく。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2018年4月22日 (日)

■倉賀野駅の入換機関車■DE10の検査車プッシュプル!?

De10108_koki_de101142

冬期は、駅出場用・貨物駅構内入換用として機関車2台が同時稼働する倉賀野駅。検査対象の貨車がいる場合、側線から引き出して駅行の機関車に受け渡す30秒ほどのあいだ、貨車の前後に機関車が付いてプッシュ・プルのような形態になります。もちろん、この状態で動くわけではないのですが(笑)

この日は、早朝はDE10 1142がすべての入換を担っていましたが、8:40以降は、駅出場がDE10 108、構内入換がDE10 1142の役割分担に変わりました。倉賀野駅に被検査貨車が出場するのは9時頃です。出場した貨車は配8790列車に継送され、熊谷タから配6794列車継送で川崎貨物行のパターンかもしれません。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2018年4月21日 (土)

◆八戸臨海鉄道◆レール輸送列車

 JR八戸貨物駅と、三菱製紙八戸工場専用側線が連絡している北沼駅の間で、印刷用紙や再生パルプ用古紙などをコンテナ輸送している八戸臨海鉄道では、機会は少ないものの、毎年鉄道用レールの輸送が行われています。輸送といっても荷主から求められたものではなく、自己の用に供するもの(いわゆる自家用)ですが。

とある夜、青い森鉄道のレール保守基地のある三戸駅から八戸臨海鉄道北沼駅までレールが運ばれる夢を見たので、4月の週末にブログ読者のタムタキさんと共に八戸に行くことにしました。いつも例のごとく、現地集合・現地解散です。

Hachirinrail01

青い森鉄道線内(三戸-八戸貨物)の輸送は2018年4月14日土曜日で、JR貨物のEH500形電気機関車35号機が長物車4両を牽引しました。レールは機関車寄りの2両のみに積まれており、後ろ2両は空車でした。

Hachirinrail02

八戸臨海鉄道内(八戸貨物-北沼)は翌15日日曜日で、JR東日本より八戸臨海鉄道へ譲渡されたDD16形ディーゼル機関車303号機が牽引。

Hachirinrail03

列車は八戸貨物7:40発の下り1本目(11列車)でした。撮影するとすぐに北沼駅へ移動します。

Hachirinrail04

着いてみるとちょうど機回し中でした。2本の線路の間にレールが数十本卸してありますので、同じ場所に追加して並べていくのでしょうか。

Hachirinrail05

八戸貨物寄りの詰所(北沼駅舎?)付近でスイッチバックすると、

Hachirinrail06

長物車の反対側に連結して引き出し、

Hachirinrail07

推進で北側の線路に入換えます。

Hachirinrail08

レールをよく見てみると、隣接するレールと締結するための穴がありますので、このレールは青い森鉄道で使用されていた中古のレールということになります。

Hachirinrail09

押し込むと、機関車は長物車を切り離して待機します。

Hachirinrail10

車票と特大貨物検査票をチェックしてみましょう。左の車票は、仙台臨海鉄道仙台埠頭(定尺レールを積み込む駅)発、陸前山王経由、青い森鉄道三戸行のレール輸送の車票で、発送日が4月7日と記載されています。しかし右の特大貨物検査票を見ると不思議なことが起きています。特大貨物検査票には、「50N 25mレール ×45本|平成30年4月12日 仙台総合鉄道部宮城野派出」と記載されており、発送日より後に積み付け検査が実施されたことになっています。通常、積み付け検査は発送日の前日以前に実施されることを考えると、八戸臨海鉄道にやってきたレールは、仙台埠頭で積み込まれたものではなく、仙台埠頭を発車した後で、途中駅で積まれたということになります。そして、仙台埠頭で積み込まれたレールの向け先が三戸であることから、三戸でレールを卸した空車に、新たに積まれたレールであることがわかります。

Hachirinrail11

レールを積んだ長物車、チキ6000形。北沼寄りから順にチキ6373(積)+チキ6148(積)+6252(空)+6151(空)でした。

Hachirinrail12

DD16形ディーゼル機関車は、12列車として定刻に単機で八戸貨物へと戻っていきましたが、我々はそんなものは気にも留めずに荷役シーンを見届けます。まずは、木材で養生した線路の上を、クレーン車が横断します。


Hachirinrail13

南側の線路の上で進行方向を変え、

Hachirinrail14

レールとレールの間の枕木の上に片輪を走らせて荷卸しするレールの真横までやってきました。

Hachirinrail15

雨の中黙々と作業を続けるスタッフ。レール荷卸しは大変スムーズに進み、

Hachirinrail16

2時間もするとすべての作業が終わっていました。貨物時刻表によれば次の上り便は午後一の16列車ですので、それまでの合間の時間で某所のスイッチャーを撮り、空車の引き取りも狙います。

Hachirinrail17

予想通り16列車の送り込みとなる15列車は単機回送でやってきました。

Hachirinrail18

DD16の定期列車自体がもう珍しいですが、そのサイドビューを障害物無しで綺麗に撮れる場所というのも、あまり多くないかもしれません。

Hachirinrail19

後追い。DD16形の最高速度は75km/hですが、八戸臨海鉄道内ではそこまで速度を出すことはありません。でも今までの経験上、DD56形よりは明らかに速い時があります。

Hachirinrail20

15列車の4~5分後にやってくる八戸線のうみねこを撮影後、北沼へ移動。

Hachirinrail21

16列車は出発準備完了していました。すぐに馬淵川沿いへ移動します。

Hachirinrail22

レール輸送返空の16列車。

Hachirinrail23

なんだか小海線や飯山線の臨時工事列車に見えてしまうのは残念ですが、これはこれで雰囲気があります。

Hachirinrail24

もし今後、レール輸送列車がDD56形で運行されることがあったら、また撮ってみたいですね。

Hachirinrail25

後追い。この後は八戸駅前のドトールで休憩した後、タムタキさんとお別れし、帰路につきました。天気には恵まれませんでしたが、とても珍しい列車を撮ることができて良かったです。タムタキさんにもご満足いただけたようで何よりです。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

| | コメント (0)

2018年4月17日 (火)

■黒崎発北九州タ行き170列車■コキ200小倉車送り込み

 本州向け150mレールの発送に使用される黒崎発北九州貨物ターミナル行の170列車は、発送の無い日にはレール輸送とは関係ない貨車の回送に使用されることがあります。

170re_ed761022_koki20068
■コキ200‐68を牽引するED76 1022  2018年3月31日、黒崎-北九州タ

この日は、黒崎駅発着のコンテナ貨物列車(荷主は三菱ケミカル黒崎事業所)に使用されているコキ200形1両が、JR貨物小倉車両所へ回送されました。このスジはむかしから貨車の検査や廃車回送に使用されており、弊ブログでも紹介しています。これまでも何度かこうした形態の170列車を見てきましたが、2012年3月ダイヤ改正で牽引機がEF81形からEH500形に変わってからは、あまり注目することもなくなりました。この日はED76形に差し替えられており、ラッキーでした。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧