« ◆ベルギー◆NLMK社ラ・ルヴィエール製鉄所の機関車 | トップページ | ■JR九州783系電車■日豊本線の5両編成(2020年元旦) »

2019年12月31日 (火)

◆くま川鉄道田園シンフォニー◆KT500形501冬+504夏

Kt501wt504sm

 1989年(平成元年)10月1日に開業したくま川鉄道湯前線は、1924年(大正13年)3月30日に開業した鉄道省湯前線をルーツとする第三セクター鉄道です。木材輸送のために建設された鉄道路線で、昭和42年版全国専用線一覧表によると、荷主は途中免田(現 あさぎり)駅の中球磨林業開発と、多良木駅の多良木町、多良木林業、日南木材が確認できました。物量が多かった免田駅では、国鉄の入換動車を使用していたようです。また専用線ではありませんが、湯前駅南東側に旧営林署の原木材木集積所が開設され、当駅からの鉄道貨車による木材の発送は1974年(昭和49年)まであったようです(湯前線の貨物列車廃止は1980年(昭和55年)6月1日付)。

2019年現在の主たる役割は人吉方面への通学輸送で、現役車両は5両、田園シンフォニーと称する新潟トランシス社製のレールバス・KT500形のみです。5両それぞれが異なるカラーリングを施されています。上は、国の登録有形文化財に指定されている球磨川第四橋梁を渡るKT500形2両編成で、先頭の茶色が「冬」、後方の青色が「夏」と命名されています(2019年12月28日撮影)。

それでは、よいお年をお迎えください。

|

« ◆ベルギー◆NLMK社ラ・ルヴィエール製鉄所の機関車 | トップページ | ■JR九州783系電車■日豊本線の5両編成(2020年元旦) »

▽私鉄の希少車輌 7.九州」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆ベルギー◆NLMK社ラ・ルヴィエール製鉄所の機関車 | トップページ | ■JR九州783系電車■日豊本線の5両編成(2020年元旦) »