« ★碓氷鉄道文化むら★トロッコ列車2016 | トップページ | ■大宮総車セ公開後の入換■EF65 1102+カヤ27 501+EF81 139 »

2020年5月23日 (土)

◆鹿児島市電◆神田車庫を見学(2017)

 2015年5月1日に、高麗町(交通局前電停-武之橋電停間)から神田(シンデン。カンダではない)へ移転した、鹿児島市電の車庫兼車両整備工場。2017年のゴールデンウィークに訪問したところ、懐かしい標準塗装の車両が一堂に会していました。

20170504_a9505

まずは神田電停付近で、9500形9505号に遭遇。元大阪市電2601形改造の800形の車体更新車です。台車は800形時代の冷房改造時に交換されているので、外観に原形を留める部分はほとんどないと思います。

20170504_bkagoden

9505号を待って出庫した、かごでん100形101号。これは以前撮っていますね。

20170504_c5046156016142101

車庫脇は公園になっていて、フェンスの上から車両を眺めることができます。この日は、504号、615号、601号、614号、2101号が見られました。2100形はJR九州鹿児島車両所で製作した電車です。所内での試運転は、ED76形の主電動機端子電圧が直流750Vなのでそこから引き出して600Vに降圧して、電気機関車を変電所代わりにして実施したといわれています。

20170504_d2102

2100形2102号が、「回送車」の幕で出庫していきました。

20170504_enewcommer

新型も並んでいます。

20170504f501

501号、後ろは507号、618号。並ぶ車両は日によってまた時間帯によっても変わるので、行く度に色々な楽しみ方ができますね。

●おまけ

20170504_groundhouse

 市電車庫から幹線道路挟んで反対側に数分歩くと、鹿児島車両センターのターンテーブルがあります。これは以前の記事で紹介していますね。むかしの南日本新聞に、鹿児島機関区にあった転車台を鹿児島運転所に移設した記事が載っていましたので、元鹿児島機関区のモノで間違いないでしょう。国土地理院の空中写真でも在姿が確認できます。

20170504_hroundhouse

片運転台の気動車の方向転換に使用されているようですが、ここまで自力走行なのでしょうか。スイッチャー入換なら撮ってみたいですね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★碓氷鉄道文化むら★トロッコ列車2016 | トップページ | ■大宮総車セ公開後の入換■EF65 1102+カヤ27 501+EF81 139 »

▽私鉄の希少車輌 7.九州」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★碓氷鉄道文化むら★トロッコ列車2016 | トップページ | ■大宮総車セ公開後の入換■EF65 1102+カヤ27 501+EF81 139 »