« ■ロイヤルエクスプレス■北海道へ甲種輸送(2020) | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第302回 ■くろがね線定点観察(2020年夏) »

2020年12月 1日 (火)

近場での国鉄形電気機関車ウォッチング14

 5か月余り更新が滞っておりました。夏から秋にかけて公私ともに多忙だったためですが、ブログや趣味活動をやめてしまったわけではありません。Twitterアカウントの方をご覧いただければ分かる通り、いろいろ活動していました。新型コロナウィルス感染再拡大(第三波??)が連日報じられるなか、今月からふたたび原則として在宅勤務体制に戻ってしまったので、また昼休みに新金線の列車を眺められるようになりました。

 

今日の昼に上ってきたのは、EF81形133号機牽引のレール工臨空車返却列車。定尺レール輸送用気動車キヤE195も段々と出揃ってきましたので、機関車牽引の臨時工事列車もそろそろ見納めでしょうか。といっても、キヤは最初は東北地区に投入されるみたいですが。仙台車両センターや秋田車両センターのED75形の老朽化の方が、田端運転所のEF65形やEF81形より先ということでしょうか。あるいは、岩切の仙台レールセンターから秋田支社管内へ向かうレール輸送列車は北上線経由でDE10(秋)重連による運転のため、これを省きたいのもあるかもしれません。JR東日本のDE10形の全般検査はもう秋田総合車両センター(土崎工場)でしか実施していませんので。はたしてどうなることやら。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

 

|

« ■ロイヤルエクスプレス■北海道へ甲種輸送(2020) | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第302回 ■くろがね線定点観察(2020年夏) »

▽国鉄・JRの珍車・名車」カテゴリの記事

▽武蔵野線・新金線の貨物列車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■ロイヤルエクスプレス■北海道へ甲種輸送(2020) | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第302回 ■くろがね線定点観察(2020年夏) »